本文へスキップします。

日韓交流

目的

2002年サッカーワールドカップ大会の日韓両国の共同開催決定を機に、幅広い年齢層を対象に各種のスポーツ交流を実施することによって、日韓両国の親善と友好をより一層深め、更には両国のスポーツの振興を図ることを目的に実施されています。
(本交流はスポーツ庁国庫補助事業です)

交流方式

日韓両国の代表団員が互いの国を訪問し、スポーツを中心とした様々な交流を行う相互交流方式。平成15年度からは、新たに地域交流推進(都道府県・市町村交流)を加え、両国間における各地域同士の交流もますます盛んになってきています。

内容

青少年夏季スポーツ交流(派遣・受入)
青少年冬季スポーツ交流(派遣・受入)
成人交歓交流(派遣・受入)
地域交流(都道府県・市区町村交流)

関連リンク

駐日韓国大使館
大韓体育会(成人交流・青少年交流)

「日韓共同未来プロジェクト事業」に指定
「日韓共同未来プロジェクト」はワールドカップ・サッカー大会日韓共催の成功とその精神を後世に末永く語り継ぎ、継承するために、2002年7月の日韓首脳会談において実施が合意されました。その後、両国間で具体的な協議が行われ、日韓両国は「青少年交流」「スポーツ交流」の交流拡大を目標とした同プロジェクトを2003年1月1日にスタートさせました。
日本スポーツ協会の日韓スポーツ交流も「日韓共同未来プロジェクト事業」として指定を受けて実施しています。
外務省:日韓共同未来プロジェクトホームページへ >>

日韓青少年夏季スポーツ交流

【第22回日韓青少年夏季スポーツ交流】


派遣 受入
期間 平成30年8月13日(月)~19日(日)
平成年8月16日(木)~22日(水)
会場 韓国: 大韓民国 大邱広域市
佐賀県               
参加者数 日本選手団218名(予定)               
■佐賀県、京都府
韓国選手団218名(予定)
競技数 5競技:サッカー、バレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン
実施要項

【第21回日韓青少年夏季スポーツ交流】


派遣 受入
期間 平成29年8月16日(水)~22日(火)
平成29年8月16日(水)~22日(火)
会場 韓国:済州特別自治道
沖縄県
参加者数 日本選手団215名(実績)               
■沖縄県、佐賀県
韓国選手団212名(実績)
競技数 5競技:サッカー、バレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン
実施要項

日韓青少年冬季スポーツ交流

【第17回日韓青少年冬季スポーツ交流】


派遣 受入
期間 平成31年2月22日(金)~2月27日(水) (6日間) 平成31年1月7日(月)~1月12日(土) (6日間)
会場 韓国:ソウル特別市・江原道
長野県
参加者数 日本選手団 159名 (予定)
■長野県
韓国選手団 159名(予定)
競技数 4競技:
スキー(アルペン、クロスカントリー)
スケート(スピード、ショートトラック)
アイスホッケー、カーリング

 

【第16回日韓青少年冬季スポーツ交流】


派遣 受入
期間 平成30年1月8日(月・祝)~1月13日(土)
平成30年2月12日(月・祝)~2月17日(土)
会場 韓国:ソウル特別市・江原道 長野県               
参加者数 日本選手団 148名(実績)
■長野県              
韓国選手団 148名(実績)
競技数 4競技:
スキー(アルペン、クロスカントリー)
スケート(スピード、ショートトラック)
アイスホッケー、カーリング

実施要項

交流の様子(写真集ページ)

日韓スポーツ交流・成人交歓交流

【第22回日韓スポーツ交流・成人交歓交流】


派遣 受入
期間 平成30年5月10日(木)~5月16日(水)        


平成30年11月23日(金)~26日(月)            
会場 韓国:忠清南道 北海道 札幌市
参加者数 日本選手団  179名(実績)               
■北海道、岐阜
韓国選手団  121名(予定)
競技数 10競技:
サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、自転車競技
ソフトテニス、軟式野球、ソフトボール、バドミントン、ボウリング
実施要項

【第21回日韓スポーツ交流・成人交歓交流】


派遣 受入
期間 平成29年6月8日(木)~14日(水)
平成29年9月14日(木)~20日(水)
※日本スポーツマスターズ2017兵庫県大会参加を中心とした日程で実施
日本スポーツマスターズ2017兵庫大会についてはこちらをご覧下さい。

韓国:済州特別自治道               
兵庫県               
参加者数 日本選手団 183名(実績)
■兵庫、北海道
韓国選手団 192名(実績)
競技数 10競技:
サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、自転車競技
ソフトテニス、軟式野球、ソフトボール、バドミントン、ボウリング

実施要項

交流の様子(写真集ページ)

地域交流(都道府県・市町村交流)

この交流は、2002年に開催されたワールドカップ・サッカー大会の日韓共同開催を記念して、スポーツによる日韓交流を一層促進するため、両国の地域レベルにおけるスポーツ交流を実施することにより、相互理解を深め、友好親善と各地域のスポーツ振興を図ることを目的としています。日韓スポーツ交流の一環として、日本スポーツ協会が平成15年度から新たにスタートした交流で、都道府県体育協会に委託して行っています。

●過去事業一覧
平成28年度     平成29年度

【平成30年度地域交流(都道府県・市区町村交流)実施規模】


派遣 受入
内容 日本の都道府県又は市町村単位で編成する派遣団を、韓国の道又は市へ派遣する 韓国の道又は市単位で編成する派遣団を、我が国の都道府県又は市町村で受入を行う
交流数 7交流(予定) 7交流(予定)

実施要項