本文へスキップします。

スポーツ少年団とは

スポーツ少年団の理念

  • 一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供する
  • スポーツを通して青少年のこころとからだを育てる
  • スポーツで人々をつなぎ、地域づくりに貢献する

スポーツ少年団の理念、諸規程等に関する詳細はこちら  

「スポーツ少年団」は日本最大の青少年スポーツ団体です

 「スポーツ少年団」では、子どもたちはスポーツを楽しむだけでなく、学習活動、野外活動、レクリエーション活動、社会活動、文化活動などを通じて協調性や創造性を養い、社会のルールや思いやりのこころを学びます。


スポーツ少年団関連資料はこちら 

 

単位スポーツ少年団(単位団)

 単位団は、子どもたちが自主的にメンバーとして参加し、「自由時間に、地域社会で、スポーツを中心としたグループ活動を行う団体」です。
 単位団は、団員のほか、リーダー、指導者・役員・スタッフ、育成母集団等により構成されています。
 スポーツ少年団は、団員が活動を通じて歓びや楽しさを体験し、仲間との連帯や友情、協調性や創造性などを育み、良き社会人として成長してくれることを期待しています。



スポーツ少年団の組織

<創設>
 
1
962年(昭和37年)


<登録状況(令和元年度)>

 
登録団数:約3万1,000団
登録団員数:約65万人
登録指導者数:約19万人

 
<構成>
 スポーツ少年団は、単位スポーツ少年団、市区町村スポーツ少年団、都道府県スポーツ少年団、日本スポーツ少年団の 4 つの段階で構成・運営されています。
 また、住民スポーツの総体である体育・スポーツ協会や教育委員会とも連携して、青少年の健全育成に努めています。