本文へスキップします。

アセアン諸国におけるスポーツ推進貢献

アセアン諸国のスポーツ推進・協力

目 的 わが国が有する生涯スポーツ推進のノウハウを、ASEAN諸国のニーズを踏まえ提供することを通して、年齢・性別・競技レベルに関係なく、多くの市民が活動に参加できる生涯スポーツの基盤づくりに協力し、アジア全域のスポーツ環境の整備と充実・発展に資することを目的としています。
(スポーツ庁国庫補助事業)
実施経緯  日本スポーツ協会におけるアセアン諸国との交流事業は、1991(平成3)年からアジア地域における青少年スポーツの普及・振興をはかることを目的に、青少年スポーツ指導者等を招聘し、わが国における青少年スポーツ活動の状況等に関する研修を実施していました。
 同研修は、2016(平成28)年までに計26回の研修を実施し、総計1,500名を超える参加者が、日本ならびにアジア各国・地域におけるスポーツ振興状況等を学び、参加者間のネットワークを構築するなど、一定の成果をあげました。
  一方、日本スポーツ協会では、2011年の創立100周年を機に発表した今後のスポーツ推進のための指針となる「スポーツ宣言日本」、ならびに「スポーツ推進方策2013」(当時の中期事業計画)に基づき、本研修の実績を踏まえ、本会としてのアジア各国・地域への協力・連携のあり方について検討を進めた結果、上記研修事業については、2016(平成28)年をもって終了し、2017(平成29)年から新たにアセアン各国を中心としたスポーツ推進に協力・連携するための事業を展開することとしました。

〇平成29(2017)年度の取組み


1年次にあたる平成29(2017)年度は、アセアン各国の基本情報、スポーツ情報等に関する調査を行うとともに、次年度以降の協力の在り方について検討を進めました。
調査については、既存資料の収集、整理、各国スポーツ関係団体・行政への書面によるアンケート調査、海外(タイ・マレーシア)現地訪問調査を実施しました。

調査報告資料は下記よりご覧いただけます。
>>アセアン諸国におけるスポーツ推進貢献調査報告資料(PDF)

平成30(2018)年度の取組み

 
平成29(2017)年度の取組みを踏まえ、今後の協力・連携の在り方を検討をしました。その結果、都市化による子供たちの不活発、肥満等への対応として青少年の身体活動の普及・啓発という課題がある点に注目し、日本における子ども体力の低下に対する取組みの一つとして日本スポーツ協会が普及を推進しているアクティブ・チャイルド・プログラム(運動遊びを取り入れた身体活動促進プログラム)を活用した連携・協力を進めることとしました。
また、まずはアセアンの中でタイ1ヵ国と4年程度を目途に連携・協力を推進し、そこでの成果・成功事例を踏まえて、次期以降の他のアセアン諸国との連携を検討していくこととしました。

●招聘プログラム
タイのスポーツ関係者を日本に招聘し、アクティブ・チャイルド・プログラムに関する概要を紹介するためのプログラムを実施しました。
【概要】
1.期間 平成30年11月13日(火)~17日(土) 5日間
2.場所 東京都・千葉県
3.参加者 タイスポーツ団体関係者 12名
  内訳:Sports Authority of Thailand(タイスポーツ局):6名
    ThaiHealth Promotion Foundation(タイ健康増進財団): 6名
4.プログラム
(1) ACPの意義・背景等に関するレクチャー
(2) 活動現場視察
(3) 総合討論会(参加者からのプレゼンテーション含む)

概要はこちら>>(本会ホームページニュース)
写真集ページはこちら>>

アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修
※本研修は平成28(2016)年度で終了しております。

目 的 アジア地域における青少年スポーツの振興をはかるため、アジア近隣諸国・地域から、スポーツ活動に係わる青少年スポーツ指導者を受け入れ、わが国における青少年スポーツ活動状況等についての視察・研修を実施しています。
(本研修はスポーツ庁国庫補助事業です)

過去概要はこちら

2016年 アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修

●研修概要
期 日 11月9日(水)~16日(水)までの8日間
会 場 東京都・埼玉県
参加者 26名
アジア地域 : 13カ国・地域より2名
 【東アジア】
    中国、韓国、中国香港、チャイニーズタイペイ
 【アセアン諸国】
    フィリピン、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、カンボジア
※インドネシアは同国の事情により不参加
 実施要項  実施要項はこちら≫
プログラム 
(1) 日本における青少年スポーツの現状に関するレクチャー及びスポーツ活動の視察
(2) 参加者からの事例発表及び討論(テーマ:地域コミュニティ・学校におけるスポーツ活動の展望と課題について)
(3) 各所視察
 日程
11月9日(水)   参加者来日
11月10日(木)  (1) 開講式・オリエンテーション
 (2) レクチャー① 「アジア近隣諸国のスポーツ交流の促進に向けて」
       スポーツ庁 国際課 課長補佐 猪股 康博氏
 (3) レクチャー② 「日本スポーツ協会の概要について」
       日本体育協会 スポーツ推進部 国際課
 (4) レクチャー③ 「地域の少年スポーツを支えるスポーツ少年団と総合型地域スポーツクラブ」
       徳島大学 総合科学部 人間文化学科 佐藤 充宏氏
 (5) ディスカッション 「各国・地域におけるスポーツクラブの現状と今後の展望について」
 11月11日(金)  (1) レクチャー④ 「日本体育協会スポーツ指導者育成について」
       日本体育協会 スポーツ指導者育成部
 (2) 意見交換 「各国・地域におけるスポーツ指導者育成の状況と今後の展望について
 (3) 東京オリンピック・パラリンピック競技大会会場等予定地視察
 11月12日(土) 地域研修プログラム
  (1) スポーツ活動視察(NPO法人クラブしっきーず)
  (2) 文化探訪(川越エリア)
 11月13日(日)  地域研修プログラム
  (1) スポーツ活動視察(NPO法人リリー・アスレチック・クラブ、NPO法人スポーツ・サンクチュアリ・川口)
 11月14日(月)  (1) 各国・地域 事例発表・討論
      テーマ:地域コミュニティ・学校におけるスポーツ活動の展望と課題について
      ファシリテーター:立教大学 コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科
           ライトナー・カトリン・友海子氏
 (2) 味の素ナショナルトレーニングセンター視察
 11月15日(火)  (1) 各国・地域 事例発表・討論
      テーマ:地域コミュニティ・学校におけるスポーツ活動の展望と課題について
      ファシリテーター:立教大学 コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科
           ライトナー・カトリン・友海子氏

 (2) 都内見学 (江戸東京博物館)
 (3) 歓送会・閉講式
 11月16日(水)  参加者離日
 成果
本年度は、本会が育成・養成を行うスポーツ少年団・総合型地域スポーツクラブ並びに公認スポーツ指導者に関するレクチャー、ディスカッション等を行ったほか、「地域コミュニティ・学校におけるスポーツ活動の展望と課題について」をテーマとした参加者の事例発表・討論を実施しました。また、味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)及び埼玉県内の総合型地域スポーツクラブ等を視察し、日本におけるスポーツ環境を研修する機会となりました。

各国・地域 事業招待状案内先団体
中国 All-China Sports Federation
韓国 Korean Olympic Committee
中国香港 Sports Federation & Olympic Committee of Hong Kong, China
チャイニーズ
タイペイ
Chinese Taipei General Sports Federation
フィリピン Philippine Olympic Committee
ベトナム Vietnam Olympic Committee
ラオス Ministry of Education and Sports LAO PDR
タイ Sports Authority of Thailand
ミャンマー Myanmar Olympic Committee
マレーシア Olympic Council of Malaysia
シンガポール Singapore National Olympic Council
ブルネイ Brunei Darussalam National Olympic Council
インドネシア Ministry of Youth and Sports Affairs of Indonesia
カンボジア Ministry of Education, Youth and Sports of the Kingdom of Cambodia


2015年 アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修

●平成27年度 研修概要
期 日 11月4日(水)~11日(水)までの8日間
会 場 東京都・山梨県
参加者 26名
アジア地域 : 14カ国・地域より1又は2名
 【東アジア】
    中国、韓国、中国香港、チャイニーズタイペイ
 【アセアン諸国】
    フィリピン、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、インドネシア、
カンボジア
 実施要項  実施要項はこちら≫
プログラム 
(1) 日本における青少年スポーツの現状に関するレクチャー及びスポーツ活動の視察
(2) 「各国・地域におけるスポーツ政策・体制の現状と課題について」についての事例発表
(3) 各所視察
 日程
11月4日(水)   参加者来日
11月5日(木)  (1) 開講式・オリエンテーション
 (2) レクチャー① 「スポーツ庁の創設と新たなスポーツ行政について」
  スポーツ庁 健康スポーツ課 課長補佐 岡﨑 健一氏
 (3) レクチャー② 「日本体育協会について」
    日本体育協会 スポーツ推進部 国際課
 (4) レクチャー③ 「スポーツ少年団について」
    日本体育協会 地域スポーツ推進部 少年団課
 (5) レクチャー④ 「総合型地域スポーツクラブについて」
    日本スポーツ協会 地域スポーツ推進部 クラブ育成課
 11月6日(金)  (1) レクチャー⑤ 「アクティブ・チャイルド・プログラムについて」
    日本体育協会 スポーツ科学研究室
 (2) レクチャー⑥ 「スポーツこころのプロジェクトについて」
    「JFAこころのプロジェクト」推進室
 (3) 味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)<視察>
 11月7日(土) 地域研修プログラム
  (1) 「特定非営利活動法人富士吉田総合型地域スポーツクラブ」(山梨県・富士吉田市)<視察・体験>
  (2) 「富士吉田市スポーツ少年団 吉田小ミニバスケットボール」(山梨県・富士吉田市)<視察・体験>
 11月8日(日)  地域研修プログラム
  (1) 「わいわいスポーツクラブ」(山梨県・笛吹市)<視察・体験>
  (2) 「笛吹市スポーツ少年団」(山梨県・笛吹市)<視察・体験>
 11月9日(月)  (1) 各国・地域 事例発表
     「各国・地域におけるスポーツ政策・体制の現状と課題について」
 (2) 都内見学(浅草)
 11月10日(火)  (1) 各国・地域 事例発表
     「各国・地域におけるスポーツ政策・体制の現状と課題について」
 (2) 都内見学 (江戸東京博物館)
 (3) 歓送会・閉講式
 11月11日(水)  参加者離日
 成果
本年度は、10月のスポーツ庁の創設を踏まえた今後の日本のスポーツ行政、並びに日本体育協会の取組み等についてレクチャーを行ったほか、「各国・地域におけるスポーツ政策・体制の現状と課題について」をテーマとした参加者の事例発表を実施いたしました。
 また、味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)、山梨県内のスポーツ少年団、総合型地域スポーツクラブ等を視察・体験し、日本におけるスポーツ環境を研修する機会となりました。
各国・地域 事業招待状案内先団体
中国 All-China Sports Federation
韓国 Korean Olympic Committee
中国香港 Sports Federation & Olympic Committee of Hong Kong, China
チャイニーズ
タイペイ
Chinese Taipei General Sports Federation
フィリピン Philippine Olympic Committee
ベトナム Vietnam Olympic Committee
ラオス Ministry of Education and Sports LAO PDR
タイ Sports Authority of Thailand
ミャンマー Myanmar Olympic Committee
マレーシア Olympic Council of Malaysia
シンガポール Singapore National Olympic Council
ブルネイ Brunei Darussalam National Olympic Council
インドネシア Ministry of Youth and Sports Affairs of Indonesia
カンボジア Ministry of Education, Youth and Sports of the Kingdom of Cambodia

2014年 アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修

2013年 アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修

2012年 アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修

2011年 アジア近隣諸国青少年スポーツ指導者研修