本文へスキップします。

登録について


スポーツ少年団はメンバーシップ制を採用しており、年度ごとに団員、指導者、役員・スタッフの登録が必要となります。登録手続きについては、オンライン上のスポーツ少年団登録システムを利用して行っていただきます。



スポーツ少年団登録システムマニュアル(Ver2.0)
前年度に「JSPO公認スポーツ指導者資格養成講習会」を受講し、修了された方の「スポーツ少年団」登録(指導者登録)する際の操作マニュアル
スポーツ少年団登録システムに関する操作手順の動画(YouTube)

登録の流れ

■登録申請

登録システム上で必要事項を入力の上、当該年度7月末までに市区町村スポーツ少年団へ登録申請を行っていただきます。
※単位団からの登録申請を取りまとめた市区町村スポーツ少年団は、都道府県スポーツ少年団へ、同様に都道府県スポーツ少年団は日本スポーツ少年団へ登録申請を行います。

■登録料の納入(クレジットカード決済、コンビニエンスストア決済、銀行振込、現金支払)

登録申請後、市区町村スポーツ少年団が定めている登録料を納入いただきます。

【登録料(1名/年間)】
・団員:300円
・指導者、役員・スタッフ:700円
※上記は日本スポーツ少年団に納入いただく登録料となります。市区町村ごとに設定している金額が違う場合がございます。


登録要件

■団員

・登録する年の4月1日現在、満3歳以上の者

■指導者

・登録する年の4月1日現在、満18歳以上の者
・公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格を保有している者
・前年度公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格養成講習会を受講し、修了した者
・公益財団法人日本サッカー協会(JFA)公認C級コーチライセンス以上の資格を保有している者
・公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)公認C級コーチライセンス以上の資格を保有している者

■役員・スタッフ

・団の運営や地域との連携を図る者

■単位団

・原則として団員10名以上、指導者2名以上(※)
・20歳以上の「指導者」または「役員・スタッフ」が2名以上

※少なくとも2名以上の「指導者」がスポーツ少年団の理念を学んでいる必要があります。詳しくは下記リンク先のページをご覧ください。(令和4年度は下記のとおり緩和措置を設けております。)
>>スポーツ少年団指導者概要(制度改定について)

【新型コロナウイルスの影響による登録要件の緩和措置について】


全ての更新単位団において「スポーツ少年団の理念を学んだ指導者」が1名以下でも登録を可能とする。
ただし、以下の(1)または(2)を満たす必要があります。
(1) 「スポーツ少年団の理念を学んだ指導者」1名を登録した場合
  ➡ この1名を除いた指導者、役員およびスタッフのうち少なくともの1名が、令和4年度にスタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会の受講を修了する必要があります。 
(2) 「スポーツ少年団の理念を学んだ指導者」がいない(0名)場合
  ➡ 指導者、役員およびスタッフのうち少なくとも計2名が、令和4年度にスタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会の受講を修了する必要があります。


【新規登録団について】
単位団立ち上げの初年度に限り、「スポーツ少年団の理念を学んだ者」2名は必須とはしません。ただし、20歳以上の「指導者」または「役員・スタッフ」2名以上の登録を必須として、そのうち少なくとも2名が当該年度内に「JSPO公認スタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会」を受講し、修了する必要があります。新規に単位団を設立される場合は、市区町村スポーツ少年団にお問い合わせください。

●単位団登録に必要な最低構成人数
 
 
 
 
 
 
 
 




登録認定

登録申請が受理されると、以下の認定資料が市区町村スポーツ少年団から交付されます。



  

  


また、日本スポーツ協会情報誌「Sport Japanをスポーツ少年団登録システムに登録されている単位団の事務担当者の方へ2ヶ月に1回(奇数月10日発刊)2冊お送りします。事務担当者の変更は、登録システム上で設定いただけます。送付停止をご希望の場合は、市区町村スポーツ少年団にお問合せください。