本文へスキップします。

大学・専門学校での資格取得

 日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格取得のためには、日本スポーツ協会や加盟団体等が開催する養成講習会を受講する方法のほか、一部の大学・専門学校の授業でも取得することができます(免除適応コース)。

免除適応コースとは?

 日本スポーツ協会で実施しているスポーツ指導者養成講習会と同じカリキュラムを大学や専門学校等の承認校で履修することで、講習・試験の一部またはすべてが免除されるシステムです。

【学生の方】
  承認校に在籍する学生の皆様は、学校ごとに定められたカリキュラムの履修と申請手続きを行う必要があります。この手続きを行わないと適応コースを修了できません。
※この手続きは卒業後には行うことができませんので、ご注意ください。
※学校ごとに取得可能な資格や手続きの方法が異なります。詳細は各学校の窓口までお問い合わせください。

【学校関係者の方】
  学校関係者の方で、新たに承認校として申請されたい場合は申請準備校説明会にご参加ください。

免除適応コース承認校一覧

免除適応コース承認校はこちら

講習・試験免除適応コース申請準備校説明会について

免除適応コースの承認校として新たに申請を希望する学校関係者を対象に説明会を実施します。 
なお、免除適応コースの申請に当たっては、この説明会にご出席いただいていることが必要となります。

※2021年度の新規申請を希望される学校向けの説明会を2020年春~夏にかけて開催いたします。開催予定は順次掲載しますので、今しばらくお待ちください。

アシスタントマネジャー養成主任に関する説明会について

免除適応コースの専門科目コースのうち、アシスタントマネジャーコースを開設する学校は、当該説明会に参加した養成主任を配置しなければなりません。

※2020年春頃に開催いたします。開催予定は順次掲載しますので、今しばらくお待ちください。

アスレティックトレーナー専門科目コース申請準備校説明会について

アスレティックトレーナー専門科目コースは現在新規申請の受付を休止しております。

免除適応コース承認校(分類A・B)卒業生に対する免除対応について

 本対応は公認スポーツ指導者制度の改定に伴い廃止いたしました。今後の養成講習会や免除申請では、本対応による免除はできませんのでご注意ください。

■最終受付
 養成講習会:2019年度の養成講習会申込みまで
 免除申請 :2019年11月30日の申請まで

■参考
 本対応は、該当の大学を卒業した方が、卒業後に日本スポーツ協会公認スポーツ指導者養成講習会を受講申込する際、卒業証明書を提出することで「共通科目Ⅰ」が免除となるものです。詳細は下記をご確認ください。
  • 対象者
    1. 分類A及び分類Bの免除適応コース該当学部・学科を平成17年度以降(平成17年度以降に該当学部・学科が承認された学校及び分類Cから分類B、分類Aに変更になった学部・学科については、承認・変更年度以降)に卒業した者。
    2. 上記1の条件を満たし、日本スポーツ協会公認スポーツ指導者養成講習会を実際に受講する者。もしくは、共通科目、専門科目併せて免除申請を行う者。 *共通科目のみの免除申請は受け付けない。
  • 免除内容
     上記「対象者」に記載の1、2の条件を満たす者については、卒業証明書の提出をもって、共通科目Ⅰを免除する。