本文へスキップします。

概要紹介

JSPO(日本スポーツ協会)におけるスポーツ医・科学の歴史的背景

スポーツ医・科学JSPOのスポーツ医・科学の歴史は、昭和22年に「体育医事相談所」を開設し、スポーツ選手の健康管理や医事相談等に着手したことに始まります。その後、オリンピック東京大会の選手強化を推進するために、昭和35年にスポーツ科学研究委員会(現在のスポーツ医・科学委員会)が発足され、各競技団体へのトレーニングドクター配置を推進するなど、選手強化のサポート活動が進められていきました。
昭和50年からは、競技力向上、選手強化に関する研究に加え、スポーツ医学、運動生理学、心理学、社会学などの様々な研究領域から、わが国におけるスポーツを推進するための研究プロジェクトを展開しています。

わが国におけるスポーツ推進のためのプロジェクト研究

わが国におけるスポーツに関するニーズが多様化し、また総合型地域スポーツクラブの育成や地域の活動拠点となる広域スポーツセンターの設置が推進される中で、21世紀におけるスポーツ推進の新しい形を模索するためのプロジェクト研究を積極的に展開しています。
国民体育大会については、都道府県体育・スポーツ協会と連携を保ちながら、選手・指導者に対する医・科学サポートを推進してきています。2003年静岡国体から始まった国体におけるドーピングコントロールをきっかけとして、全国的なアンチ・ドーピング普及・啓発活動を推進し、様々な情報の提供に努めてきています。
ジュニア層の育成に関しては、わが国のジュニア期における競技者育成システムづくりとの関連を考慮しつつ、発育発達を考慮した安全で効果的なスポーツ活動を実践するためのプロジェクト研究を進めています。
また、スポーツ指導者の資質向上のため、医・科学研究プロジェクトの実践を通して最新の情報を提供するとともに、指導者養成の実態に合わせた知識や技能を提供するための様々な資料を作成しています。
さらに近年には、これまでの活動を継続しつつ、日本での対応の遅れが指摘されている性的マイノリティの人々への配慮に関する調査研究や、地球環境保護の視点からスポーツの持続可能性の推進に関する調査研究を開始しました。
プロジェクト研究の詳細やその成果については、研究報告書、各種ガイドブックやVTRなどにまとめられておりますので是非ご活用下さい。
※現在行われているプロジェクト研究の概要については、こちらに掲載しています。

日本スポーツ協会スポーツ医・科学委員会  委員一覧

(令和元年6月21日現在)
※敬称略
[ 委員長 ]
 川原 貴           (一般社団法人大学スポーツ協会
   
[ 委員 ]
阿江 通良  (日本体育大学
上野 俊明  (東京医科歯科大学
大藏 倫博  (筑波大学
金岡 恒治  (早稲田大学
菊 幸一  (筑波大学
木村 和彦  (早稲田大学
佐々木 玲子  (慶應義塾大学
鈴木 志保子  (神奈川県立保健福祉大学
竹中 晃二  (早稲田大学
田中 喜代次  (筑波大学)
内藤 久士  (順天堂大学)
平野 裕一  (法政大学)
來田 享子  (中京大学)