本文へスキップします。

生涯スポーツ・体力つくり全国会議


 
 国が策定した第2期スポーツ基本計画においては、スポーツ参画人口を拡大し、
スポーツ関係団体は、これまで以上に新たな取組を行うとともに、異なる分野の関係組織と効果的かつ密接に連携・協働をすることにより、「一億総スポーツ社会」の実現に取り組むことが求められています。

 そこで、本会議では、スポーツ立国の実現に向けて、スポーツに関連する多様な人々が一堂に会し、研究協議や意見交換を行い、今後のスポーツ推進方策について検討します。

生涯スポーツ・体力つくり全国会議2023概要

全体テーマ:
「Sport in Life」の実現を目指して、第3期スポーツ基本計画の推進

主催

 スポーツ庁
 生涯スポーツ・体力つくり全国会議実行委員会
 (公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本レクリエーション協会、
  公益財団法人日本スポーツ施設協会、公益財団法人スポーツ安全協会、
  公益社団法人全国スポーツ推進委員連合、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、
  公益財団法人日本パラスポーツ協会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、静岡県)

期日 

(1)来場     令和5年2月10日(金)
(2)オンデマンド 準備整い次第、2~4週間程度

 ※オンライン(オンデマンド配信)では、全分科会の視聴が可能です。
  また、期間中は繰り返し視聴が可能です。

    ○開催要項

 ○全体テーマ
「Sport in Life」の実現を目指して、第3期スポーツ基本計画の推進

 令和4年3月25日に、第3期スポーツ基本計画が策定され、同年4月より開始された。これは、スポーツ基本法の策定に基づき、文部科学大臣が定めるスポーツに関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るための5年間の重要な指針である(令和4~8年度)。また、この第3期スポーツ基本計画では、第2期スポーツ基本計画を踏襲しつつ社会状況の変化を顧慮し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会のスポーツ・レガシーの継承・発展に向けて、特に重点的に国等が取り組むべき施策を示すとともに、新たな3つの視点とそれを支える具体的な施策を示している。
 そこで、「Sport in Life」の実現を目指して、この第3期スポーツ基本計画を推進するための方策について協議する。
 
 ○内 容
(1)全体会(トークセッション)
「第3期スポーツ基本計画で求められること~3つの新たな視点~」

 第3期スポーツ基本計画では、国民がスポーツを「する」「みる」「ささえる」ことを真に実現できる社会を目指すため、第2期スポーツ基本計画を踏襲した上で、次の3つの新たな視点が加わっている。
 ①社会の変化や状況に応じて、既存の仕組みにとらわれずに柔軟に対応するというスポーツを「つくる/はぐくむ」という視点
 ②様々な立場・背景・特性を有した人・組織が「あつまり」、「ともに」活動し、「つながり」を感じながらスポーツに取り組める社会の実現を目指すという視点
 ③性別、年齢、障害の有無、経済的事情、地域事情等にかかわらず、全ての人がスポーツにアクセスできるような社会の実現・機運の醸成を目指すという視点
 そこで、本全体会では、第3期スポーツ基本計画について解説するとともに、3つの新たな視点を踏まえて、どう取り組んでいくべきか、様々な分野の専門家が集い、本音で話し合う。

・ファシリテーター 
 小川 綾乃氏
・スピーカー
 室伏 広治氏(スポーツ庁長官)
 伊藤 華英氏(元水泳五輪代表、一般社団法人スポーツを止めるな理事)
 木村 穣氏(関西医科大学教授、EIM Japan理事長)
 山崎 亮氏(コミュニティデザイナー、株式会社studio-L代表)

(2)分科会概要
  第1分科会
  「女性スポーツにおける情報リテラシーの向上にむけて」
  第2分科会 主担当:(公財)日本レクリエーション協会
  「第3期スポーツ基本計画と各主体の連携・協力の可能性
   ~スポーツの価値を高めるさまざまな取り組み~」

  第3分科会 主担当:(公財)健康・体力づくり事業財団
  「「Sport in Life」を支えるスポーツを通した地方創生・まちづくりを目指して
   ~スポーツ推進委員に期待される多様な連絡調整~」

  第4分科会 主担当:(公財)日本パラスポーツ協会
  「誰もが楽しく運動・スポーツに参加できる環境の創出
   ~障がいのある人とない人が一緒に楽しめる運動・スポーツのプログラムづくり~」

 参加方法
 ○参加申込受付期間

 令和5年1月18日(水)
 
 〇参加申込方法
 本会議に参加を希望される方は、インターネットより申込みをお願いします。
 ※令和4年11月下旬頃から受付開始予定
 
 ○参加上の注意
 (1)参加費等については、理由の如何を問わず、ご入金後の返金はいたしません。
 (2)天変地異や伝染病等の流行、会場や運輸等の機関のサービスの停止、官公庁の指示等により、
  講習内容の一部変更及び中止のために生じた受講者の損害について、主催者及び運営会社では、
  その責任を負いかねます。
 (3)新型コロナウイルス感染症の予防措置として、沖縄県対処方針に従った諸対策を取ります。
 (4)その他詳細含め、参加申込前に開催要項を必ずご一読ください。
  
 参加費   
 (1)来場
    参加費     1人2,000円(オンデマンド視聴代含む)
    情報交換会会費 1人5,000円(希望者のみ)
 (2)オンデマンド
    参加費     1人2,000円

推奨環境  
 ※オンデマンドでの参加方法については、お申込いただいた方へ、後日、運営会社より連絡いたします。
  同一アカウントの複数使用、第三者へのID・パスワードの譲渡・共有は禁止します。
 ※オンデマンドで参加するためのデバイス(パソコンやスマートフォン等)は各自御用意ください。
 ※講演中の録音・録画・撮影、スクリーンショット等はご遠慮ください。
  なお、報道機関や実行委員会の事前許可を得た場合を除きます。

更新研修
について

 ・本研修会の参加により、JSPO公認スポーツ指導者資格の更新研修を修了したことになります。
  なお、テニス資格は2ポイント、バウンドテニス資格・スポーツ栄養士資格は1ポイント(単位)、
  チアリーディング(コーチ3のみ)資格は都道府県体育・スポーツ協会実施の1回分の実績となりますが、
  別途、資格毎に定められたポイント獲得や研修受講などの要件を満たす必要があります。
  ただし、次の資格については、更新研修を修了したことにはなりません。
  〔水泳、サッカー、バスケットボール、バドミントン、剣道、空手道、エアロビック(コーチ4のみ)、スクーバ・
   ダイビング、プロゴルフ、プロテニス、プロスキー、オリエンテーリング、スポーツドクター、
   スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、クラブマネージャー〕(2022年10月1日現在)
  詳細は日本スポーツ協会のホームページを御確認ください。
  (https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid233.html)
 
 ・本会議は、日本スポーツ施設協会および健康・体力づくり事業財団の公認資格に係る更新のための
  研修・単位等に該当します。詳細は開催要項をご確認ください。
 

昨年度までの概要(生涯スポーツコンペンションを含む)はこちら>>

[一昨年度(生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020)の様子]


※生涯スポーツ・体力つくり全国会議2021はオンライン配信のみで実施いたしました。