本文へスキップします。

生涯スポーツ・体力つくり全国会議


 
 国が策定した第2期スポーツ基本計画においては、スポーツ参画人口を拡大し、
スポーツ関係団体は、これまで以上に新たな取組を行うとともに、異なる分野の関係組織と効果的かつ密接に連携・協働をすることにより、「一億総スポーツ社会」の実現に取り組むことが求められています。

 そこで、本会議では、スポーツ立国の実現に向けて、スポーツに関連する多様な人々が一堂に会し、研究協議や意見交換を行い、今後のスポーツ推進方策について検討します。

生涯スポーツ・体力つくり全国会議2022概要

全体テーマ:
「スポーツが変える。未来を創る。Enjoy Sports, Enjoy Life」から新たなるスポーツ基本計画へ向けて

主催

 スポーツ庁
 生涯スポーツ・体力つくり全国会議実行委員会
 (公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本レクリエーション協会、
  公益財団法人日本スポーツ施設協会、公益財団法人スポーツ安全協会、
  公益社団法人全国スポーツ推進委員連合、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、
  公益財団法人日本パラスポーツ協会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、沖縄県)

期日 
 ・来場(先着450名):2022(令和4)年2月4日(金) 10:00~17:00
                           (展示/9:30~17:30)


 ・オンライン(オンデマンド配信):2022(令和4)年2月14日(月)~28日(月)

 ※オンライン(オンデマンド配信)のみの開催に変更しました。(2022(令和4)年1月11日付)
 ※来場予定であった参加者は、そのままオンライン(オンデマンド配信)の視聴が可能です。
 ※オンライン(オンデマンド配信)では、全分科会の視聴が可能です。
  また、期間中は繰り返し視聴が可能です。


  
 ○開催要項

 ○全体テーマ
 『「スポーツが変える。未来を創る。Enjoy Sports, Enjoy Life」から
  新たなるスポーツ基本計画へ向けて』

  第2期スポーツ基本計画では「スポーツが変える。未来を創る。Enjoy Sports, Enjoy Life」を
 テーマに、①スポーツで「人生」が変わる!、②スポーツで「社会」を変える!、③スポーツで
 「世界」とつながる!、④スポーツで「未来」を創る!を4つの基本柱として、「一億総スポーツ
 社会」の実現に向けて様々な取組を進めてきたところである。今年度は第2期スポーツ基本計画の
 最終年度であり、これまでの施策を総括するとともに、令和4年度からの第3期スポーツ基本計画
 の策定に向けて取り組んでいるところである。第3期スポーツ基本計画においては、これまでの成
 果を国民生活に根差したレガシーとして、継承・発展させていくとともに、デジタル化の進展、少
 子高齢化・人口減少、地域間格差、持続可能な開発、男女共同参画・共生社会の実現等、国内外の
 様々な社会的課題や潮流を的確に捉えつつ、取組の方向性を明らかにしていくことが求められてい
 る。
  そこで、これまで取り組んできた施策と、様々な社会的課題や潮流を踏まえたこれからのスポー
 ツ推進方策について協議を行う。
 
 ○内 容
(1)全体会(トークセッション)
 「みんなで考えよう!これからの日本におけるスポーツの在り方
  ~新たなるスポーツ基本計画の策定に向けて~」

  人生100年時代を迎えるに当たり、生涯を通じて健やかに過ごすためには、運動・スポーツを通
 じて健康増進や 健康寿命の延伸を実現することが必要不可欠である。スポーツは、心身の健康・
 体力つくりに役立つことに加え、一人一人の人生をより豊かに充実させ、地域社会を活性化させる
 など多種多様な大きな力がある。
  これからの日本においては、少子高齢化や人口減少、デジタル化の進展、地域間格差など様々な
 社会環境の変化や社会課題が予測されており、それらに応じたスポーツの在り方、推進方策を検討
 する必要性がある。
  そこで、本セッションでは、これからの社会に応じたスポーツはどのようなものか、どう取り組
 んでいくべきか、様々な分野の専門家が集い、本音で話し合う。

 ・ファシリテーター
  長嶺 花菜 氏
 ・スピーカー
  室伏 広治 氏(スポーツ庁長官)
  太田 拓弥 氏(アトランタ五輪レスリング銅メダリスト、中央大学レスリング部コーチ)
  津下 一代 氏(女子栄養大学 特任教授)
  玉城 絵美 氏(琉球大学 教授)

(2)分科会概要(詳細PDF
  第1分科会 主担当:(公社)全国スポーツ推進委員連合
  「ポストコロナのスポーツ推進システムを模索する
   ~地域スポーツの危機と学校運動部活動の連携をめぐる可能性~」

  第2分科会 主担当:(公財)日本レクリエーション協会
  「ICTを活用した情報提供と指導者養成・支援の在り方を考える
   ~withコロナ、afterコロナを見据えて~」

  第3分科会 主担当:(公財)健康・体力づくり事業財団
  「これからのスポーツと健康づくりの関係~健康長寿社会を目指したさまざまな試み~」
  第4分科会 主担当:(公財)日本パラスポーツ協会
  「障がいの有無に関わらず誰もが利用しやすいスポーツ施設の在り方」

 参加方法
 ○申込受付期間

  2022(令和4)年2月7日(月)まで ※締切を延長しました!

 ○申込受付サイト
  参加申込の際は、下記サイトからお手続きください(外部サイト)。
  ▶ https://www.okinawa-congre.co.jp/lifelongsport2022/index.html

 ○参加上の注意
 (1)参加費等については、理由の如何を問わず、ご入金後の返金はいたしません。
 (2)天変地異や伝染病等の流行、会場や運輸等の機関のサービスの停止、官公庁の指示等により、
  講習内容の一部変更及び中止のために生じた受講者の損害について、主催者及び運営会社では、
  その責任を負いかねます。
 (3)新型コロナウイルス感染症の予防措置として、沖縄県対処方針に従った諸対策を取ります。
 (4)その他詳細含め、参加申込前に開催要項を必ずご一読ください。
  
 参加費   
 1人 2,000円(税込)
 ※来場予定であった参加者は、追加の手続きなしにオンライン(オンデマンド配信)の視聴が可能です。

推奨環境  
 ※オンライン(オンデマンド配信)での参加方法については、お申込いただいた方へ、後日、
  運営会社より連絡いたします。
 ※オンライン(オンデマンド配信)に参加するためのデバイス(パソコンやスマートフォン等)
  は各自ご用意ください。
 ※安定したインターネット環境下で受講ください。
 ※ご利用されるデバイス、インターネットの通信状況等により参加できない場合においても、
  主催者及び運営会社は責任を負いません。

更新研修
について

 ・本会議は、オンライン(オンデマンド配信)での開催となるため、当協会公認スポーツ指導者
  資格更新のための研修とはなりません。(2022(令和4)年1月11日変更)

 
 ・本会議は(公財)日本スポーツ施設協会が認定する公認指導者資格及び
  (公財)健康・体力づくり事業財団が認定する公認資格の更新研修の一つとなります。
  詳細は各団体へお問い合わせください。

昨年度までの概要(生涯スポーツコンペンションを含む)はこちら>>

[一昨年度(生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020)の様子]