本文へスキップします。

女性スポーツサポート研修会

日本スポーツ協会は、女性の身体的特徴に応じた安全・安心な指導や、女性の意欲・ニーズに合わせた働きかけが出来るよう、2018年度に「女性スポーツ促進に向けたスポーツ指導者ハンドブック」を作成しました。
そのハンドブックを活用し、女性とスポーツの現状と課題を多くの公認スポーツ指導者に理解してもらうことを目的とした研修会を開催します。

※2020年度の研修会は終了いたしました。

「女性スポーツ促進に向けたスポーツ指導者ハンドブック」はこちら[PDF]
◇開催要項はこちら
◇日程表はこちら

期日・受講形態
令和3年1月16日(土)
各参加者の自宅等からZOOMオンラインにて参加

定員
200名(先着順)

参加料
5,500円
※オンライン参加に伴う通信料については自己負担とする。

スケジュール

12:00~     サイトオープン
13:00~13:10  オリエンテーション
13:10~13:40 「女性スポーツにおけるハラスメント」(30分)
          休憩(10分)
13:50~14:20 「女性スポーツの医学」(30分)
                          休憩(10分)
14:30~15:00 「女性スポーツの栄養」(30分)
                          休憩(10分)
15:10~15:40 「女性スポーツ啓発の留意点(中学生~成人まで)」(30分)
                          休憩(10分)
15:50~16:20 「女性スポーツ啓発の留意点(幼児~小学生まで)」(30分)
                          休憩(10分)
16:30~17:00 「女性スポーツ啓発の留意点(行動変容を促す方策)」(30分)
17:00~17:15 アンケート説明・終了(予定)


申込 
下記URLからお申し込みください 
https://event.event-planner.net/#/1916
※サッカーおよびフットサル指導者はJFAのKICK OFFよりお申し込みください。

申込期間
令和2年12月4日(金)~令和3年1月8日(金)
(1) 定員に達した時点で申し込みを締め切らせていただきます。
(2) 申込締切後、参加者に対し参加決定通知をお送りします。
(3) 決定通知の案内に従い、期日までに参加料を納入ください。
(一度納入いただいた参加料は、返金いたしかねますので予めご了承ください)
(4) 参加料を納入いただいた参加者へ、当協会から「オンラインミーティング招待メール」をお送りします。
(5) 期日までに参加料の納入がない場合には、参加を取消しいたします。


更新研修について
本研修会の参加により、日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格の更新研修を修了したことになります。
なお、サッカー資格(サッカーC級、フットサルC級)は5ポイント、テニス資格は2ポイント、バスケットボール資格(JBA公認コーチ)は3ポイント、バウンドテニス資格は1ポイント、チアリーディング(コーチ3のみ)資格は都道府県体育・スポーツ協会実施の1回分の実績となりますが、別途、資格毎に定められたポイント獲得や研修受講などの要件を満たす必要があります。
ただし、次の資格については、更新研修を修了したことにはなりません。
[水泳、スノーボード、バドミントン、剣道、空手道、エアロビック(コーチ4のみ)、スクーバ・ダイビング、プロゴルフ、プロテニス、プロスキー、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー](2020年4月1日現在)
詳細はこちらをご確認ください。

ご自身の資格有効期限・更新研修の受講状況については、指導者マイページでご確認いただくか、公認スポーツ指導者登録係(03-5148-1763/平日10時~17時)までお問い合わせください。

その他 ※オンライン研修にご参加いただくにあたり、必ずご確認ください。
(1) 本研修会は、オンラインミーティングシステム「Zoom」を使用して実施します。
オリエンテーション開始1時間前から入室可能となりますので、早めの入室をお願いします。
(2) 入室後、本人確認をいたしますので、カメラ機能がある端末(可能な限りパソコン)で、ご自身が映る状態にしてください。カメラ機能が無い端末、カメラOFFでの確認は出来ません。
(講義中はカメラOFFでの参加となります)
(3) 安定した通信環境(有線LAN、速度の速いWi-Fi等)でご参加ください。
(4) 講義資料を事前にメールにてお送りします。予めお手元にご用意ください。
(5) 講義開始15分以上経ってからの入室及び途中退出は欠席とみなし、更新研修の実績とはなりません