本文へスキップします。

カテゴリタイトル_スポーツボランティア

スポーツボランティア

スポーツを「ささえる」スポーツイベントのボランティアについて、情報を掲載しています。

お知らせ
スポーツボランティア

スポーツボランティア活動に参加する

日本スポーツボランティアネットワークが運営するシステムで、ご登録いただいた方は、スポーツボランティアの「活動を学ぶ」「活動に参加する」を探して申し込めるサービスを利用できます。また、中央競技団体や都道府県スポーツ・体育協会等からボランティアの情報やオファーをお届けできるようになります。

第75回 国民体育大会
(鹿児島県/令和2年度開催)

鹿児島県大会実行委員会事務局ホームページボランティア情報ページをご確認ください。
第76回 国民体育大会
(三重県/令和3年度開催)

三重県大会実行委員会事務局ホームページボランティア募集ページをご確認ください。

日本スポーツ協会が関わるスポーツボランティア活動実績

日本スポーツ協会の事業におけるスポーツボランティア活動の様子を紹介します。

国民体育大会

日本最大の国民スポーツの祭典でのボランティア活動実績

事業推進体制

この事業は、公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人笹川スポーツ財団、特定非営利活動法人日本スポーツボランティアネットワークの三者連携により展開しています。三者がそれぞれ保有する資源を活用し、スポーツボランティア活動に参加する人と場の拡大・充実を図り、スポーツボランティア文化のさらなる発展を目指しています。


●公益財団法人笹川スポーツ財団 HP:https://www.ssf.or.jp/(外部ページ)
笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシステムタンクです。
国・自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発言を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

●特定非営利活動法人日本スポーツボランティアネットワーク  HP:https://spovol.net/(外部ページ)
日本スポーツボランティアネットワークは、スポーツボランティア文化の醸成を図り、一人ひとりの豊かなスポーツライフの形成を目指し、全国のスポーツボランティア団体のネットワーク化に取り組んでいます。
ホームページ(スポボラnet)では、スポーツボランティア募集情報や、スポーツボランティアについて学ぶ機会を提供しています。

競技大会を支える人材とその活用状況に関する調査

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等でスポーツボランティアを経験した人々が、JSPO加盟団体の開催する競技大会等で活躍できる機会を増やし、全国各地で継続してボランティア活動ができるようにするため、近年のスポーツボランティアを取り巻く現状と中央競技団体における活用ニーズを明らかにすることを目的とした調査研究を実施しました。
スポーツボランティアをきっかけに地域のクラブや団体で活動する人々が増え、スポーツをする側、ささえる側双方の活動が活発になり、スポーツ実施率が高まることを期待し、報告書としてまとめましたので下記のとおり紹介します。
*本調査報告書は、令和元年10月29日開催の総合企画委員会にて承認され、令和元年12月9日付で公表しました。