本文へスキップします。

サイト内検索

絞り込み

サイト内検索結果一覧

トップページ > スポーツ指導者 > 公認スポーツ指導者Q&A

更新手続きはいつ行うのか

/coach/tabid1205.html?QuestionID=589&AFMID=6052

更新研修を資格有効期限の6か月前までに受講された方につきましては、更新手続きの案内を資格有効期限が切れる2か月程前にメールと郵送でお送りいたします。手続き期限はこちらを参照ください。

トップページ > スポーツ指導者 > 公認スポーツ指導者Q&A

更新研修の開催予定について

/coach/tabid1205.html?QuestionID=587&AFMID=6051

競技・資格別に指定研修がある資格につきましては、研修会開催予定につきましては各競技団体までお問い合わせの程お願いいたします。競技・資格別に指定研修がない資格につきましては①日本・都道府県体育・スポーツ...

トップページ > スポーツ指導者 > 公認スポーツ指導者Q&A

受講した研修会の反映時期について

/coach/tabid1205.html?QuestionID=588&AFMID=6051

水泳・テニス・スポーツ栄養士・プロテニス・プロゴルフ・プロスキーの資格につきましては、競技団体の意向により研修会の受講を独自で管理しておりますので、指導者マイページへの反映は資格更新の4か月程前に行い...

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

遊びを取り入れ、子どもたちのやる気を引き出すための指導法・指導技術を教えてください。

/club/tabid933.html?QuestionID=586&AFMID=5032

次のポイントを意識して指導に臨んでいただければと思います。1.スキンシップを意識する(受容と共感)。2.子どもがほどよい緊張感をもてるよう配慮する(発育・発達の差異を埋めるためのアレンジ)。3.子ども...

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

練習時間の内、どれくらいの割合で、遊びを実践すればよいでしょうか?

/club/tabid933.html?QuestionID=585&AFMID=5032

スポーツ少年団活動のなかで無理のない程度に導入していただければ、時間にこだわる必要はありません。例えば、5〜10分間だけでも遊び方を工夫することにより、十分な運動量と様々な動きを引き出すことができます...

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

遊びは、いつ行うのが効果的でしょうか?練習前や子どもが練習に飽きたときなどがいいのでしょうか?

/club/tabid933.html?QuestionID=584&AFMID=5032

どのタイミングでも効果的です。その目的に応じて、時間帯を工夫してください。例えば、アイスブレイクとして遊びを実践する場合は、練習の冒頭に取り入れると良いでしょう。主運動と同じような動きを含む遊びであれ...

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

熱中症の死亡例で高校1年生が特に突出して多いのはなぜでしょうか?

/club/tabid933.html?QuestionID=583&AFMID=4822

低学年は技術的に未熟であるため、高学年と同じことをやると、無駄な動きがあり、身体的な負担が大きくなります。それに加え、体力もないため熱中症が起きやすいと考えられます。

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

他の競技に比べて、野球で熱中症にかかる人が多いのはなぜでしょうか?

/club/tabid933.html?QuestionID=582&AFMID=4822

野球はスライディングや守備時に体を守るという意味で、下半身を全部覆うユニフォームであったり、アンダーシャツの上に、ベースボールTシャツを着るというように、服装が非常に熱を外に逃がしにくく、熱中症になり...

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

肥満者はダイエット目的でスポーツをしますが、そのような人が熱中症にならないようにする工夫はあるのでしょうか?

/club/tabid933.html?QuestionID=581&AFMID=4822

肥満者は熱中症になりやすいので、特に注意する必要があります。予防の原則は同じですが、一般の人よりも運動強度を下げる・休憩の頻度を多くするなど工夫が必要です。

トップページ > スポーツ少年団 > 講習会・研修会 > スポーツ少年団 LIVE ON SEMINAR > LIVE ON SEMINAR Q&A

実際にWBGTを使うのは難しく、簡単な指標はないでしょうか?

/club/tabid933.html?QuestionID=580&AFMID=4822

WBGTの8割は気温と湿球温で決まりますので、気温と湿球温(あるいは湿度)を併用すればよいと思います。気温が低くても湿度が高いと熱中症の危険度が増しますので、気温だけでなく湿度にも注意する必要がありま...

12345678910...