本文へスキップします。

シニア・リーダースクール

概要

日本スポーツ少年団では、リーダーの資質向上を図るとともに、将来のスポーツ少年団指導者の育成を目的として「シニア・リーダースクール」を開催しています。

シニア・リーダースクールの修了者には、「日本スポーツ少年団指導者・リーダー規程」に基づき、日本スポーツ少年団が「シニア・リーダー」として認定します。
8月9日(火)~12日(金)にオンラインにて全体研修を開催しました!!  

  

   

 

 
 
 
 
 
 
 
 

令和4年度実施概要

期間 【事前課題】令和4年7月17日(日)提出締切
  指導案作成等の課題に取組み、期日までに提出

【講義】令和4年6月下旬~7月31日(日)
 期間内に各自で講義動画を聴講し、オンラインフォームを用いて受講課題を提出
 
【事前研修会】令和4年7月10日(日)
  オンラインにて4時間程度(予定)

【全体研修会】令和4年8月9日(火)~12日(金)※前泊:8月8日(月)
 宿泊研修にて実施。ただし、新型コロナウイルスの感染状況等によっては、宿泊研修による形態を中止し、オンライン形態に変更する可能性がありますことを予めご了承ください。

 ➡オンライン開催に変更いたしました。

【事後課題】全体研修会終了後~令和4年9月11日(日)提出締切
  指導案作成等の課題に取組み、期日までに提出
参加条件
  スポーツ少年団登録団員で下記(1)~(6)の参加条件すべてに該当し、かつ各都道府県スポーツ少年団本部長の推薦する者
(1) 令和4年度団員登録を行い、義務教育を終了した20歳未満※1(令和4年4月1日現在)の者。
(2) 「ジュニア・リーダー」の認定資格を有する者又は日本スポーツ少年団指導者・リーダー規程に定める活動単位を10単位以上取得し※2、参加資格を認められた者。
(3) 全課程に参加でき、集団生活における規律を守ることができる者。
(4) ネットワーク環境を確保し、オンラインでの活動に参加できる者。
(5) 事前研修の開催までにカメラ、マイク、スピーカー機能を使用できるタブレットやパソコン等を準備し、簡単な文書作成等の操作スキルを身につけた上で参加できる者。
(6) メールアドレスや電話番号等、連絡先を講師・運営リーダー・他の参加者と共有できる者。
※1 令和4年度に限り、20歳(令和4年4月1日時点)の者の参加を認める。ただし、当該者の事情が新型コロナウイルスの影響によるものであることを都道府県スポーツ少年団にて確認のうえ推薦すること。
※2 令和4年度に限り、活動単位を満たしていない者の参加を認める。ただし、当該者の事情が新型コロナウイルスの影響によるものであることを都道府県スポーツ少年団にて確認のうえ推薦すること。
定員
 140名(予定)

申込方法

申込には都道府県スポーツ少年団からの推薦が必要です。申込方法等についてはご所属の市区町村もしくは都道府県スポーツ少年団へお問い合わせください。
 >>都道府県スポーツ少年団連絡先 

令和4年度シニア・リーダースクール開催要項

令和4年度シニア・リーダースクール年間の流れ


<宿泊研修時の様子>

  • グループワークの様子

  • 講義の様子

  • スポーツ指導実践の様子

  • スポーツ指導実践の様子①

  • スポーツ指導実践の様子②

  • スポーツ指導実践の様子③

※シニア・リーダースクールは 「スポーツ振興くじ」の助成を受けて実施しています。