本文へスキップします。

タブ
  • 全て
  • お知らせ
  • 国体
  • マスターズ
  • クラブ
  • 指導者
  • 国際交流
  • 少年団
  • 医・科学
下層全て

スポーツ指導者2018/12/18

平成30年度公認スポーツ指導者全国研修会を実施【2018/12/8 (東京・品川)】

 12月8日(土)、TKPガーデンシティ品川 ボールルーム ウエストにて「平成30年度公認スポーツ指導者全国研修会」を実施しました。
 
 研修会に先立ち行われた指導者等表彰式では、永年にわたり公認スポーツ指導者としてご尽力され、顕著な功績が認められた方240名のうち、当日ご出席いただいた128名に表彰盾が授与されました。 

 続いて行われた研修会では、「『スポーツ指導を取り巻く環境の変化』~遍く人々のスポーツ享受を目指して~」をメインテーマに、特別講演、特別対談、シンポジウムを実施しました。 
 特別講演では、品川女子学院 理事長の漆 紫穂子氏をスピーカーとしてお招きし、「スポーツ指導に役立てる『組織改革』と『相手のやる気を引き出すコミュニケーション』」をテーマに、人(組織)が動かない理由は何か、どのような言動や環境が子どものやる気のスイッチを入れることができるのかなど、自身の経験を踏まえたお話をいただきました。
 その後の特別対談では、「2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』ウラ噺」をテーマに、同ドラマで足袋のハリマヤ店主で主人公の盟友“黒坂辛作”を演じるピエール瀧 氏、制作統括を務める訓覇 圭 氏をスピーカーにお招きしました。同ドラマのオリジナルVTRの上映をはじめ、ドラマの制作において触れた日本のスポーツの歴史や撮影の裏話をお話しいただきました。 
 最後に、「日本スポーツ協会におけるアスリート発掘事業の現状~J-STARプロジェクト1期生を振り返って~」のテーマのもと、座長に日本体育大学准教授の横田 匡俊 氏、シンポジストに平成29年度J-STARプロジェクト パラ・パワーリフティング1期生の森崎 可林 氏、公益社団法人日本ボート協会の森山 修 氏、公益財団法人高知県体育協会の大塚 貴文 氏をお招きしシンポジウム行いました。シンポジストの皆様には、タレント発掘事業の成果・課題をお話しいただくとともに、一つのプロジェクトに様々な立場で携わる方々が集まる貴重な機会となりました。

 当日は、各地から多くの方にご参加いただき、充実した研修会となりました。
 詳細は本会情報誌「Sport Japan vol.42(3・4月号)」に掲載予定ですのでぜひご覧ください。 
 なお、本研修会は来年も開催する予定です。詳細は、改めて本会HPにてご案内いたします。

●2018(平成30)年度概要
期日 2018年12月8日(土)
場所 TKPガーデンシティ品川 ボールルーム ウエスト
全体テーマ 「『スポーツ指導を取り巻く環境の変化』~遍く人々のスポーツ享受を目指して~」

研修会の詳細はこちら↓
  https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid239.html

<会場の様子>


<指導者等表彰式>


<特別講演> 

<特別対談>
<シンポジウム>


下層お知らせ
下層国体
下層マスターズ
下層クラブ
下層指導者
スポーツ指導者スポーツ指導者平成30年度公認スポーツ指導者全国研修会を実施【2018/12/8 (東京・品川)】
- 2018/12/18
 12月8日(土)、TKPガーデンシティ品川 ボールルーム ウエストにて「平成30年度公認スポーツ指導者全国研修会」を実施しました。
 
 研修会に先立ち行われた指導者等表彰式では、永年にわたり公認スポーツ指導者としてご尽力され、顕著な功績が認められた方240名のうち、当日ご出席いただいた128名に表彰盾が授与されました。 

 続いて行われた研修会では、「『スポーツ指導を取り巻く環境の変化』~遍く人々のスポーツ享受を目指して~」をメインテーマに、特別講演、特別対談、シンポジウムを実施しました。 
 特別講演では、品川女子学院 理事長の漆 紫穂子氏をスピーカーとしてお招きし、「スポーツ指導に役立てる『組織改革』と『相手のやる気を引き出すコミュニケーション』」をテーマに、人(組織)が動かない理由は何か、どのような言動や環境が子どものやる気のスイッチを入れることができるのかなど、自身の経験を踏まえたお話をいただきました。
 その後の特別対談では、「2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』ウラ噺」をテーマに、同ドラマで足袋のハリマヤ店主で主人公の盟友“黒坂辛作”を演じるピエール瀧 氏、制作統括を務める訓覇 圭 氏をスピーカーにお招きしました。同ドラマのオリジナルVTRの上映をはじめ、ドラマの制作において触れた日本のスポーツの歴史や撮影の裏話をお話しいただきました。 
 最後に、「日本スポーツ協会におけるアスリート発掘事業の現状~J-STARプロジェクト1期生を振り返って~」のテーマのもと、座長に日本体育大学准教授の横田 匡俊 氏、シンポジストに平成29年度J-STARプロジェクト パラ・パワーリフティング1期生の森崎 可林 氏、公益社団法人日本ボート協会の森山 修 氏、公益財団法人高知県体育協会の大塚 貴文 氏をお招きしシンポジウム行いました。シンポジストの皆様には、タレント発掘事業の成果・課題をお話しいただくとともに、一つのプロジェクトに様々な立場で携わる方々が集まる貴重な機会となりました。

 当日は、各地から多くの方にご参加いただき、充実した研修会となりました。
 詳細は本会情報誌「Sport Japan vol.42(3・4月号)」に掲載予定ですのでぜひご覧ください。 
 なお、本研修会は来年も開催する予定です。詳細は、改めて本会HPにてご案内いたします。

●2018(平成30)年度概要
期日 2018年12月8日(土)
場所 TKPガーデンシティ品川 ボールルーム ウエスト
全体テーマ 「『スポーツ指導を取り巻く環境の変化』~遍く人々のスポーツ享受を目指して~」

研修会の詳細はこちら↓
  https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid239.html

<会場の様子>


<指導者等表彰式>


<特別講演> 

<特別対談>
<シンポジウム>


 

下層国際交流
下層少年団
下層医・科学