本文へスキップします。

タブ
  • 全て
  • お知らせ
  • 国体
  • マスターズ
  • クラブ
  • 指導者
  • 国際交流
  • 少年団
  • 医・科学
下層全て

2018/03/30

日本体育協会名称変更記者発表を開催

 本会の名称変更が間近に迫った2018年3月29日(木)、東京プリンスホテルにおいて「名称変更記者発表」を開催しました 。

 「名称変更記者発表」では、伊藤雅俊(本会 会長)より「日本体育協会の名称変更について」と題し、名称変更の経緯や意義を説明するとともに、新たなコーポレート・ロゴ のお披露目や、コーポレート・メッセージに「スポーツと、望む未来へ。 」を制定したことを発表しました。コーポレート・メッセージには「スポーツとともに、未来を描き、進んでいく姿勢」を示しています。
コーポレート・メッセージ、ロゴの詳細はコチラ

 続いて、泉正文(本会 副会長兼専務理事)が登壇、「日本スポーツ協会の中期事業方針」として今年1月に策定した「スポーツ推進方策2018」を説明。これからのスポーツの基本となる考え方として、「スポーツは自発的な運動の楽しみを基調とする人類共通の文化である」ことを再確認した、と述べました。
 このスポーツに生涯にわたって親しんでもらうため、「誰もがスポーツ文化を豊かに享受できる環境の創出」「スポーツ享受の多様化の促進」「スポーツを核にした連携・協働の促進」の3つを、「スポーツ推進方策2018」で目指すものとして定めています。
 そして、この方針を達成するため、本会の加盟団体をはじめ、様々な団体・組織などとの連携が必要不可欠であることを説明。最後に、『「日本スポーツ協会(JSPO)」は、加盟団体はもとより、国、JOC、をはじめ様々なスポーツ団体・関係者とともに皆さんのスポーツを支えていきます』と締めくくりました。 

 その後、ゲストの三宅宏実氏、五郎丸歩氏、澤穂希氏と、ヨーコ ゼッターランド(本会 常務理事)、友添秀則(本会 理事/スポーツ審議会スポーツ基本計画部会 部会長)が参加したトークセッションを実施。
 「スポーツと、望む未来へ。」をテーマに、本会事業への理解を深めていただくため、ゲストのエピソードとともにトークを展開しました。五郎丸氏には高校生の時に、「よさこい高知国体」に出場した体験談を、三宅氏にはお兄さんが日本体育協会公認コーチの資格を保有していることを、澤氏には小学生の頃に所属していた「府ロク サッカークラブ」がスポーツ少年団に登録していたことを紹介いただき、様々な形で日本体育協会と関わりを持っていたことが語られました。また、名称変更にちなみ、【もし競技変更できるとしたら、やってみたい・トライしてみたいと思う競技・スポーツ】を聞く場面では、三宅氏と五郎丸氏は『柔道』、澤氏は『ゴルフ』 と回答。
 三宅氏は、『私の競技は相手がいないので、対人競技をやってみたいからです。』、五郎丸氏は『団体競技をやってきたので、個人で戦っている人をリスペクトしているし、国技ともいえるのでやってみたいです。』、澤氏は『個人競技をやってみたいし、年齢を重ねても皆で楽しめるスポーツだと思うからです。』と理由をあかしてくれました。
 最後に、これまで長く携わってきたスポーツに対して司会者からゲストへ【スポーツが人々に与えるものとは何でしょうか】と聞かれると、三宅氏は『活力・心と体のバランスを整えてくれる』、五郎丸氏は『夢・希望』、澤氏は『目標に向かっての長い道のりがあるわけですが努力をする事で生まれる数々のドラマが結果、負けても勝っても“感動”を与えてくれる事。』 と答えました。


<ゲスト コメント> 三宅宏実氏 コメント スポーツを通じて、子どもの体力作りや、お年寄りの皆さんが体を鍛えること、健康・体力作りがますます盛んになって欲しいです。皆さんが心身の健康、元気になれるよう、もっともっとスポーツが発展していってほしいなと思います。

 五郎丸歩氏 コメント スポーツといえばトップアスリート、というイメージを持たれている方が多いと思います。しかし、スポーツはもっと幅広く、老若男女、皆に親しまれるものなので、スポーツを通じてコミュニティーが増えていければいいなと思います。特に都心はなかなか接点を持つことが少ないので、子どもから大人まで、スポーツというコンテンツを利用して交流を増やしてもらえたらいいなと思います。

 澤穂希氏 コメント 子どもは家の中で遊ぶことが多くなっているので、もっともっと外で体を動かす環境が増えたらいいなと思います。私が子どものころはずっと外で遊んでいました。子どものころから、体を動かすことや、スポーツで仲間との協調や協力、目標に向かって努力することを磨いて欲しいと思います。


<トークセッションの様子(右から澤穂希氏、五郎丸歩氏、三宅宏実氏、
 友添秀則 本会理事、ヨーコ ゼッターランド本会常務理事)>


<フォトセッションの様子(右からヨーコ ゼッターランド本会常務理事、
 伊藤雅俊本会会長、澤穂希氏、五郎丸歩氏、三宅宏実氏、
 泉正文 本会副会長兼専務理事、友添秀則 本会理事、)>

下層お知らせ
トピックス日本体育協会名称変更記者発表を開催
- 2018/03/30
 本会の名称変更が間近に迫った2018年3月29日(木)、東京プリンスホテルにおいて「名称変更記者発表」を開催しました 。

 「名称変更記者発表」では、伊藤雅俊(本会 会長)より「日本体育協会の名称変更について」と題し、名称変更の経緯や意義を説明するとともに、新たなコーポレート・ロゴ のお披露目や、コーポレート・メッセージに「スポーツと、望む未来へ。 」を制定したことを発表しました。コーポレート・メッセージには「スポーツとともに、未来を描き、進んでいく姿勢」を示しています。
コーポレート・メッセージ、ロゴの詳細はコチラ

 続いて、泉正文(本会 副会長兼専務理事)が登壇、「日本スポーツ協会の中期事業方針」として今年1月に策定した「スポーツ推進方策2018」を説明。これからのスポーツの基本となる考え方として、「スポーツは自発的な運動の楽しみを基調とする人類共通の文化である」ことを再確認した、と述べました。
 このスポーツに生涯にわたって親しんでもらうため、「誰もがスポーツ文化を豊かに享受できる環境の創出」「スポーツ享受の多様化の促進」「スポーツを核にした連携・協働の促進」の3つを、「スポーツ推進方策2018」で目指すものとして定めています。
 そして、この方針を達成するため、本会の加盟団体をはじめ、様々な団体・組織などとの連携が必要不可欠であることを説明。最後に、『「日本スポーツ協会(JSPO)」は、加盟団体はもとより、国、JOC、をはじめ様々なスポーツ団体・関係者とともに皆さんのスポーツを支えていきます』と締めくくりました。 

 その後、ゲストの三宅宏実氏、五郎丸歩氏、澤穂希氏と、ヨーコ ゼッターランド(本会 常務理事)、友添秀則(本会 理事/スポーツ審議会スポーツ基本計画部会 部会長)が参加したトークセッションを実施。
 「スポーツと、望む未来へ。」をテーマに、本会事業への理解を深めていただくため、ゲストのエピソードとともにトークを展開しました。五郎丸氏には高校生の時に、「よさこい高知国体」に出場した体験談を、三宅氏にはお兄さんが日本体育協会公認コーチの資格を保有していることを、澤氏には小学生の頃に所属していた「府ロク サッカークラブ」がスポーツ少年団に登録していたことを紹介いただき、様々な形で日本体育協会と関わりを持っていたことが語られました。また、名称変更にちなみ、【もし競技変更できるとしたら、やってみたい・トライしてみたいと思う競技・スポーツ】を聞く場面では、三宅氏と五郎丸氏は『柔道』、澤氏は『ゴルフ』 と回答。
 三宅氏は、『私の競技は相手がいないので、対人競技をやってみたいからです。』、五郎丸氏は『団体競技をやってきたので、個人で戦っている人をリスペクトしているし、国技ともいえるのでやってみたいです。』、澤氏は『個人競技をやってみたいし、年齢を重ねても皆で楽しめるスポーツだと思うからです。』と理由をあかしてくれました。
 最後に、これまで長く携わってきたスポーツに対して司会者からゲストへ【スポーツが人々に与えるものとは何でしょうか】と聞かれると、三宅氏は『活力・心と体のバランスを整えてくれる』、五郎丸氏は『夢・希望』、澤氏は『目標に向かっての長い道のりがあるわけですが努力をする事で生まれる数々のドラマが結果、負けても勝っても“感動”を与えてくれる事。』 と答えました。


<ゲスト コメント> 三宅宏実氏 コメント スポーツを通じて、子どもの体力作りや、お年寄りの皆さんが体を鍛えること、健康・体力作りがますます盛んになって欲しいです。皆さんが心身の健康、元気になれるよう、もっともっとスポーツが発展していってほしいなと思います。

 五郎丸歩氏 コメント スポーツといえばトップアスリート、というイメージを持たれている方が多いと思います。しかし、スポーツはもっと幅広く、老若男女、皆に親しまれるものなので、スポーツを通じてコミュニティーが増えていければいいなと思います。特に都心はなかなか接点を持つことが少ないので、子どもから大人まで、スポーツというコンテンツを利用して交流を増やしてもらえたらいいなと思います。

 澤穂希氏 コメント 子どもは家の中で遊ぶことが多くなっているので、もっともっと外で体を動かす環境が増えたらいいなと思います。私が子どものころはずっと外で遊んでいました。子どものころから、体を動かすことや、スポーツで仲間との協調や協力、目標に向かって努力することを磨いて欲しいと思います。


<トークセッションの様子(右から澤穂希氏、五郎丸歩氏、三宅宏実氏、
 友添秀則 本会理事、ヨーコ ゼッターランド本会常務理事)>


<フォトセッションの様子(右からヨーコ ゼッターランド本会常務理事、
 伊藤雅俊本会会長、澤穂希氏、五郎丸歩氏、三宅宏実氏、
 泉正文 本会副会長兼専務理事、友添秀則 本会理事、)>

 

下層国体
下層マスターズ
下層クラブ
下層指導者
下層国際交流
下層少年団
下層医・科学