本文へスキップします。

JG_title

JAPAN GAMESとは

JAPAN GAMESの新たな視点

  • 「する」はもちろん、「みる」「ささえる」も
  • 人づくりも、地域を育むことも
  • 地域に根差して、スポーツ文化の土台を担うことを
  • 広い世代でスポーツが身近にある生涯を
  • エンタメ&ホスピタリティでスポーツの可能性をもっと広く


JSPOがJAPAN GAMESに込めた思いを、PR TIMES TVで語っています。




「JSPO Plus」の記事でも紹介しています。
https://media.japan-sports.or.jp/column/85

JAPAN GAMESのロゴ・タグライン

JAPAN GAMESのロゴ


ロゴに込めた思い

JとGのアルファベットモチーフで構成したシンボルは、地球を示す球体をあしらっており、一人ひとりの意志が旋を描いて混じり合い、地域住民と「JAPAN GAMES」が共にスポーツ文化を築いていくという想いが込められています。
また、スポーツに触れることにより生まれる楽しさ、喜び、情熱、悔しさなどの様々な感情を、彩り豊かな配色とすることにより、実現する価値の一つである「多様性と調和」を表現しています。
さらに、立体表現とすることにより、「する」「みる」「ささえる」の多面的で、かつ幅広い年代のステークホルダーの多層的な取組であることを表しています。
人がこれからの新しい時代をスポーツと共に生きるためにスポーツを文化とし、日本に活力を与える、という志を持った「JAPAN GAMES」を表現しています。

JAPAN GAMESのタグライン



性別、年齢、障がいの有無、経済的事情、地域を問わず、誰もが楽しめるように
スポーツの魅力を拡大していく。
スポーツが今以上に面白く、喜びのあるものになり、
「スポーツの楽しさや嬉しさ」が、もっと拡がる社会をつくる。

オモシロイを、もっとみんなで。

タグライン「スポーツは、もっとオモシロイ。」に込めた思い

「する」「みる」「ささえる」の幅広い側面から、性別や年齢、障がいの有無、経済的事情、地域を問わず、スポーツが本来持っている「楽しさ」や「喜び」の本質を表すということと、「JAPAN GAMES」によってスポーツの魅力を最大化していく、スポーツが今以上にオモシロク、喜びのあるものになり、「スポーツの楽しさや喜び」がもっと拡がる社会をつくるという意志を、このタグラインに込めています。

ページ上部へ