本文へスキップします。

JSPO公認スタートコーチ(スポーツ少年団)

概要

日本スポーツ少年団は令和2(2020)年度から、JSPO公認スポーツ指導者制度に基づき、新たに「スタートコーチ(スポーツ少年団)」の養成を開始しました。
この資格を取得すると、スポーツ少年団に「理念を学んだ指導者」として登録することが可能です。

※スポーツ少年団独自の資格である「認定員」「認定育成員」は、令和元(2019)年度をもって終了しました。

役割

スポーツ少年団・総合型地域スポーツクラブ・学校運動部活動等において、必要最低限度の知識・技能に基づき、当該競技の上位資格者と協力して、安全で効果的な活動を提供する者。

スタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会

1. 受講条件
・受講開始年度の4月1日現在で18歳以上の者

2. 開催会場・日時・受講料
開催する都道府県スポーツ少年団が設定します。詳細は受講希望をする都道府県スポーツ少年団までご連絡ください。
都道府県スポーツ少年団連絡先はこちら

※令和2年度養成講習会は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。 令和3年度の詳細は、決まり次第ご案内いたします。

3. テキスト
・スタートコーチ共通科目テキスト(Reference Book)
・スタートコーチ(スポーツ少年団)専門科目テキスト
→1セット2,200円(税込み)
 ※各1部1セットでの販売となります。
 ※受講申込時に都道府県スポーツ少年団を通じてご購入いただきます。

4. カリキュラム
子どもが初めてスポーツをする際の受け皿としての役割を担う上で、指導者が必要最低限身につけておくべき内容として、共通科目(※)に加え、下記の専門科目カリキュラムを定めています。

※共通科目:スタートコーチ(スポーツ少年団)に限らず、他の団体が養成する全てのスタートコーチの養成において共通して学ぶ科目


資格の認定

スタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会の受講・修了後は、所定の登録手続きを行うことで資格認定となります。資格登録手続き、登録料の詳細については、下記JSPOホームページをご確認ください。