本文へスキップします。

東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト

  日本スポーツ協会日本スポーツ少年団は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」の協力団体として、オリンピック・パラリンピック競技におけるエスコートキッズを募集します。

趣旨

  スポーツ少年団は1964年東京オリンピック競技大会の開催を2年後に控えた1962年6月23日、青少年へのオリンピック・ムーブメントの正しい理解啓発などを目標とした「オリンピック青少年運動」の取組みを背景に「スポーツによる青少年の健全育成」を目的として創設されました。
  1964年の東京オリンピック競技大会では、聖火リレー走者の伴走、開会式や各競技場での大会旗や各国国旗掲揚の介助など、大会の成功の一役を担いました。まさに、スポーツ少年団は1964年の東京オリンピック競技大会のレガシーであると言えます。
  このような経緯もあり、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会においても、大会組織委員会が主催する「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」に参加し、スポーツ少年団員が大会の成功に向けてエスコートキッズを担うこととなりました。

▽エスコートキッズ
  選手入場の演出に登場する子供たちを指します。選手が子供たちにフェアプレーを誓う意味もあることから、フェアプレーチルドレンと呼ばれることもあります。東京2020大会では、以下の役割を担います。
〔エスコートキッズ〕
    選手と手を繋いだり、先頭等に立って誘導するなど、選手と一緒に入場します。
〔ボールデリバリーキッズ〕
    試合で使うボールを選手に届けます。
〔コイントスキッズ〕
    試合前にコインを投げて先行、後攻を決めます。
〔フラッグベアラー〕
    選手入場の際に、国旗を持って入場します。

募集競技

〔オリンピック競技(5競技)〕
    サッカー、テニス、ハンドボール、ウエイトリフティング、ホッケー
〔パラリンピック競技(2競技)〕
    5人制サッカー、ゴールボール

募集対象・募集人数

  以下の条件全てにあてはまる方が募集対象となります。
(1) 2019年度に対象の試合会場の市区町村スポーツ少年団に所属する単位スポーツ少年団登録団員で、2020年度も引き続き登録が見込まれる者。
(2) 2008年4月2日〜2014年4月1日生まれ(大会時に小学1年生〜小学6年生)の団員。 ※ハンドボール競技を除く
(3) ハンドボール競技は、2002年4月2日〜2005年4月1日生まれ(大会時に高校1年生から高校3年生)の団員。
  試合会場と募集人数は、こちらからご確認ください>>>
交通・宿泊の手配、費用負担・補助は、一切行いません。また当日、エスコートキッズ等にご参加いただいた後は試合の観戦が可能ですが、競技終了時刻が遅い試合を最後まで観戦した場合、青少年保護条例に抵触する可能性があるため、試合会場の市区町村スポーツ少年団に所属する単位スポーツ少年団に登録している団員を対象とします。
応募にあたっては、個人応募、グループ応募に関しても各個人の保護者の同意が必要となります。 

個人応募の競技に関しては、団員1名につき、保護者1名の同伴が必要になります。同伴者は、保護者の方に限らせていただきます。

グループ応募の競技に関しては、個人毎の保護者の同意の上、各単位スポーツ少年団を代表する大人の同伴が必要になります。

応募方法

  募集対象の市区町村スポーツ少年団を通じて、所属する単位スポーツ少年団宛て、別途応募要領を通知します。
  ※2月上旬予定

本件に関する問い合わせ先

公益財団法人日本スポーツ協会
地域スポーツ推進部 少年団課
東京2020エスコートキッズ係
TEL:03-6910-5814
Email:jjsa●japan-sports.or.jp
※メールでのお問い合わせの際は、「●」を「@」に変更してください。
※市区町村スポーツ少年団へ、本件の内容についてのお問い合わせはご遠慮ください。