スポーツ指導者

安全に、正しく、楽しく指導しスポーツの本質的な楽しさ、素晴らしさを伝える。

公益財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者とは

公益財団法人日本体育協会及び加盟団体等が、公認スポーツ指導者制度[PDF](218KB)に基づき資格認定する指導者で、スポーツ医・科学の知識を活かし、「スポーツを安全に、正しく、楽しく」指導し、「スポーツの本質的な楽しさ、素晴らしさ」を伝えることができる指導者です

「公認スポーツ指導者制度」の概要について

本会では、公認スポーツ指導者制度の概要を網羅した「オフィシャルガイド」を作成しています。
 
 >>オフィシャルガイド2016(平成28年度)[PDF 13.8MB]  
 
 【変更箇所】(平成28年6月27日現在)
  

「スポーツ指導者育成事業推進プラン2013」について

スポーツ指導者育成事業の今後概ね5年間の方針を示した「スポーツ指導者育成事業推進プラン2013」を発表しました。これは日本体育協会が目指す「スポーツ立国の実現」のため、スポーツ指導者のさらなる量的拡大と質的向上を目的とするものです。
「スポーツ指導者育成事業推進プラン2013」はこちら
 

資格をとりたい!

資格の種類や取得方法について

資格を取得された方へ

登録手続きや資格更新のための研修会について

指導者関係イベント

スポーツ指導者に関するイベント・研修事業の開催案内

水泳するならこのクラブ

優秀な指導者がいるスイミングクラブ(水泳教師在籍施設)のご紹介

データ

スポーツ指導者に関する諸規程や登録数等、各種資料のご紹介

スポーツドクター・スポーツデンティスト検索

本会公認スポーツドクター、スポーツデンティストのご紹介です

Q&A

よくある質問にお答えしています

ATインフォメーション

本会公認アスレティックトレーナーに関する情報です

豊かなスポーツライフをサポートする情報誌「Sports Japan」はこちら

豊かなスポーツライフをサポートする情報誌「Sports Japan」はこちら

公認スポーツ指導者等表彰はこちら

公認スポーツ指導者等表彰はこちら

公認スポーツ指導者対象
大塚製薬斡旋販売のご案内ページ

大塚製薬商品がオンラインで購入できます。

指導者用テキストの購入はこちら

指導者用テキストの購入はこちら

日本体育協会公認スポーツ指導者「資格更新のための義務研修」の公募について

日本体育協会公認スポーツ指導者は、資格取得後も常に最新の情報を得て、自己研鑽を重ねるため資格を更新するための研修の受講を義務付けています。
公認スポーツ指導者がより幅広い知識を得て、よりよい指導活動を図るため、研修会を公募しております。
下記に資料に記載の公募条件を満たす研修会を開催されるご予定がございましたら、是非ご応募ください。

◆公募条件はこちら→
◆申請様式はこちら→様式1 ・ 様式2 ・ 様式3
◆お問合わせ先
  公益財団法人日本体育協会 スポーツ指導者育成部
  〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館
  TEL:03-3481-2226 E-mail:kenshukai@japan-sports.or.jp

 「学校運動部活動指導者の実態に関する調査」報告書および概要版について

日本体育協会では、日本中学校体育連盟および全国高等学校体育連盟と連携して、「学校運動部活動指導者の実態に関する調査」を実施し、調査結果の>報告書および概要版を発表しました。本会では今後、本調査結果に示された課題の克服に努めるとともに、学校運動部活動の更なる充実に向けた支援策を検討していきます。

※報告書および概要版の内容を無断転載、無断複製することを禁じます。本調査結果のデータの使用については、別途申請手続きが必要です。申請をご希望の際は、以下の申請様式に必要事項を記入の上、日本体育協会へご郵送ください。申請書を受理した後、本会よりご連絡いたします。

申請様式はこちら⇒
≪申請書送付先≫
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館
公益財団法人日本体育協会 スポーツ指導者育成部

≪概要版≫

≪報告書≫

~スポーツ庁委託コーチ育成のための「モデル・コア・カリキュラム」作成事業~
グッドコーチを育成するためのカリキュラムについて

日本体育協会は、『コーチ育成のための「モデル・コア・カリキュラム」の作成』事業をスポーツ庁より受託し、平成28年3月にその内容を取りまとめました。
作成された「モデル・コア・カリキュラム」は、日本スポーツ界におけるグッドコーチ育成のための基準となるカリキュラムで、今後、本会が定める「公認スポーツ指導者制度」の養成カリキュラムに導入されます。
また、体育系大学や教員養成系大学のカリキュラムへの導入が期待されます。
《平成27年度》
 
《平成26年度》

このページの先頭へ▲