イベント2018/02/08

生涯スポーツ・体力つくり全国会議2018が終了

 生涯スポーツ・体力つくり全国会議2018が、去る2月2日(金)、広島県広島市にて開催されました。
 この会議は、スポーツ庁ならびに本会をはじめとするスポーツ関係8団体及び開催地で構成する生涯スポーツ・体力つくり全国会議実行委員会の主催により、スポーツに関連する多様な団体・人々が一堂に会し、スポーツ立国の実現に向けて、研究協議や意見交換を行い、今後のスポーツ推進方策について検討する貴重な機会として、毎年行われています。

 今回は、全体テーマを「スポーツが変える。未来を創る。~Enjoy Sports,Enjoy Life~」とし、スポーツの価値を広く国民に伝え、年齢や性別、障害等を問わず、全ての人がスポーツを楽しみ、喜びを得ることで、生き生きとした人生を送ることができる社会を目指すための方策を検討することを目的として、シンポジウム(全体会)と4つの分科会を行いました。

 当日は全国から712名の方が参加され、活発な意見が飛び交うなど、参加者にとって大変有意義な時間となりました。

 来年は「生涯スポーツ・体力つくり全国会議2019」として、2019年2月初旬に徳島県で開催する予定です。ぜひ皆様の参加をお待ちしております。


生涯スポーツ・体力つくり全国会議2018(第9回) 開催概要

全体テーマ
「スポーツが変える。未来を創る。~Enjoy Sports,Enjoy Life~」

期 日  平成30年2月2日(金)
会 場  <全体会・第1~4分科会・情報交換会・展示>
 グランドプリンスホテル広島
 〒734-8543 広島県広島市南区元宇品町23-1
主 催  スポーツ庁、生涯スポーツ・体力つくり全国会議実行委員会
 (公益財団法人日本体育協会、公益財団法人日本レクリエーション協会、
 公益財団法人日本体育施設協会、公益財団法人スポーツ安全協会、
 公益社団法人全国スポーツ推進委員連合、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、
 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、広島市)
 後 援  体力つくり国民会議 厚生労働省 経済産業省
参加者数  712名
内 容
全体会
(シンポジウム)

 
 【ライフステージに応じたスポーツ活動の推進~スポーツ立国の実現に向けて~】

○コーディネーター
 萩 裕美子 氏
 (東海大学大学院体育学研究科長、東海大学体育学部教授)

○パネリスト
 鈴木 大地 氏(スポーツ庁長官)
 中村 和彦 氏
 (山梨大学教育学部長、山梨大学大学院教育学研究科長)
 後山 礼  氏
 (株式会社博報堂テーマビジネス開発局アカウントディレクター/
  ビジネスプロデューサー)
 佐藤 安彦 氏(熊本県南関町長)

分科会
第1分科会
 【スポーツを通じた社会の発展や課題解決を考える
  ~スポーツ団体等と企業との連携・協働から~】

第2分科会
 【全ての国民が生活の中でスポーツを豊かに楽しむための指導とは
 ~オリンピック・パラリンピックレガシーとしての指導者の在り方を考える~】

第3分科会
 【第2期スポーツ基本計画とスポーツ推進委員】

第4分科会
 【障がい者の運動・スポーツ環境を支える
 ~スポーツ活動の日常化へ向けた支援者の連携を考える~】

展 示
 生涯スポーツ関係団体、企業等のスポーツ関連活動や
 広域スポーツセンター情報を幅広く紹介

▶生涯スポーツ・体力つくり全国会議の詳細についてはこちら

このページの先頭へ▲