スポーツデンティスト

どんな資格があるの?

メディカル・コンディショニング資格

スポーツドクター アスレティックトレーナー スポーツ栄養士 スポーツデンティスト

役割

・歯科医師の立場からスポーツにかかわる国民の健康管理、スポーツ障害、スポーツ外傷の診断、予防、研究等。
・競技会等の医事運営の支援並びにチームデンティストとしての参加。
・スポーツ歯科医学の研究、教育、普及活動。

受講内容

受講条件 平成28年4月1日時点で日本国の歯科医師免許取得後4年を経過(平成24年4月1日以前に取得)しており、以下のいずれかを満たす者のうち、日本歯科医師会および日本体育協会が認めた者。
(1)都道府県歯科医師会より推薦された者
(2)日本スポーツ歯科医学会より推薦された者
(3)別に定める選考基準を満たし、日本体育協会加盟競技団体より推薦された者。 
カリキュラム
医科共通:25単位(25h) 公認スポーツドクター養成講習会 基礎科目と同一日程・会場で実施する
スポーツ歯科医学:21単位(23h)  養成講習会カリキュラム[PDF] 
実施方法
医科共通Ⅰ・Ⅱ / 10月、翌年1月(日本体育協会において計画、実施)
スポーツ歯科医学Ⅰ・Ⅱ / 7月、11月(日本歯科医師会において計画、実施)
※各科目は土曜日、日曜日の2日間で開催
※医科共通の受講修了翌年度以降、スポーツ歯科医学を受講すること
※講習は単位制となっており、科目内の受講順序は自由
申込方法
申込期限
申込方法: 受講希望者は以下の書類を推薦団体へ提出する。
推薦団体は申込書類を確認のうえ、新規受講者推薦書と併せて下記へ提出する
 都道府県歯科医師会、日本スポーツ歯科医学会:日本歯科医師会へ提出
 日本体育協会加盟競技団体:日本体育協会へ提出
申込期限: 推薦団体が別に定める。
※推薦団体から日本歯科医師会、日本体育協会への提出期限は
平成28年5月13日(金)必着とする。
受講料
受講料: 50,400円
(スポーツ歯科医学Ⅱ免除者は36,000円)
講習の免除 日本スポーツ歯科医学会認定医の資格保有者は、スポーツ歯科医学Ⅱが免除となる。
受講有効期限 6年間(受講開始年度含む)
検定・審査 検定は実施しない。
講習会修了者を日本歯科医師会、日本体育協会にてスポーツ歯学の臨床経験の有無等について審査する。
資格登録料 4 年間:40,000円(初回登録時のみプラス3,000円)
資格更新のための義務研修 資格有効期間4年間のうちに、最低1回は日本歯科医師会が認める研修会に参加しなければなりません。
(スポーツデンティスト義務研修はコチラ
申込・問合せ ・日本歯科医師会 スポーツデンティスト担当
 TEL:03-3262-9213 FAX:03-3262-9885
 
・日本体育協会スポーツ指導者育成部 スポーツデンティスト担当
 TEL:03-3481-2226 FAX:03-3481-2284
 MAIL:sports-dentist@japan-sports.or.jp
 
2016(平成28)年度
>>開催要項 [PDF]
>>新規受講申込書(都道府県歯科医師会・日本スポーツ歯科医学会提出用) [EXCEL]※印刷時は両面印刷してください
>>新規受講申込書(日本体育協会加盟競技団体 提出用) [EXCEL] ※印刷時は両面印刷してください
>>専門スポーツID一覧 [PDF]
 
>>新規受講者推薦書(日本体育協会 加盟競技団体用) [WORD]

このページの先頭へ▲