アスレティックトレーナー

どんな資格があるの?

メディカル・コンディショニング資格

スポーツドクター アスレティックトレーナー スポーツ栄養士 スポーツデンティスト

役割

スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等にあたる。

受講内容

受講条件 受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者で、本会加盟団体、または本会が特に認める国内統轄競技団体が推薦し、本会が認めた者。
カリキュラム
共通科目: 共通科目I[PDF] 共通科目II[PDF] 共通科目III[PDF]
152.5時間(集合講習40h、自宅学習112.5h)
専門科目: 専門科目カリキュラム[PDF] 600時間(集合講習190h、自宅学習410h)
実施方法
期間: 当該年度6月~翌々年3月 定員100名程度
共通科目: 日本体育協会において計画、実施されます。
平成29年度共通科目講習会日程表[PDF]
専門科目: 日本体育協会において計画、実施。
検定試験: 理論試験、実技試験
申込期間・
申込方法
申込期間: 推薦団体からの本会への提出締め切り:3月13日
申込方法: 本会加盟団体(都道府県体育協会、中央競技団体等)へ養成講習会受講希望の旨申込み、推薦を取り付けてください。その後、申込書類に必要事項をご記入のうえ、推薦団体へお申込みください。
※日本体育協会において活動実績等を審査の上、受講者を内定。
受講料
共通科目19,440円(教材費も含みます)
専門科目72,360円(教材費も含みます)
※実技試験検定料 32,400円
受講有効期限 受講開始年度を含め共通科目検定試験試験及び専門科目理論試験合格まで5年間とし、最終年度の3月31日まで。また、専門科目実技試験は専門科目理論試験に合格した後、受講有効期限に関わらず2回受験することができる。なお、期限内に共通科目及び専門科目の全てを修了しない場合は、その時点で受講者としての権利がすべて喪失。
検定・検査
共通科目: 筆記試験を行い、6割以上を合格とする。
専門科目: 理論試験と実技試験を行い、総合判定とする。ただし、実技試験は理論試験に合格した者が受験することができる。
資格登録料 4 年間:20,000円(初回登録時のみプラス3,000円)
注意事項
推薦を希望する団体内でトレーナーとしての活動実績がないと、推薦を得ることは難しいこともございます。また、現在、受講を受け入れられる人数に限りがあることから、すでに相当の活動実績のある方から受講いただいている状況です。これからトレーナーを目指される方は、大学や専門学校への進学をご検討ください。学校でも資格をとれます!
日本赤十字社「救急法救急員養成講習会」を各自で受講していただきます。
申込・問合せ 都道府県体育協会中央競技団体、本会が特に認める国内統轄競技団体
日本体育協会スポーツ指導者育成部 TEL03-3481-2226
>>よくあるお問合せについてはこちら
>>平成29年度開催要項[PDF]
>>平成29年度受講者の選考について[PDF]
>>平成29年度受講の流れ[PDF]
>>平成29年度受講希望者推薦書[word]
>>平成29年度受講希望者経歴書[Excel]
この事業は「スポーツ振興くじ(toto)」の助成を受けて実施しています。

このページの先頭へ▲