クラブ運営お役立ちツール

スポーツリスクマネジメントの実践 自立・自律に向けたチェックリスト クラブのらくらく広報 クラブの根幹を振り返る
総合型クラブの法人化 地域スポーツクラブへの
障がい者スポーツの導入







「スポーツリスクマネジメントの実践」 -スポーツ事故の防止と法的責任-

 

「スポーツリスクマネジメントの実践」 -スポーツ事故の防止と法的責任-

 スポーツにはケガが付きものである、と言われています。しかし、意識不明の重体や死亡に繋がる事故は、指導者がリスクマネジメントの意識を持つことで防ぐことができます。
 本書は平成21年度から平成25年度の5年間の間で全都道府県において実施したリスクマネジメント研修会の内容を、各地で出た質疑応答の内容も含めて取りまとめたものです。

クラブの事故防止に役立てられるよう、ぜひご活用ください!

A4判 全103ページ 白黒 


・App Store iTunesでダウンロード⇒コチラから!

・Google Play Androidでダウンロード⇒コチラから!

・Web Bookはコチラから!

 

ページのトップへ






「総合型地域スポーツクラブの自立・自律に向けたチェックリスト」≪自己評価・点検用ツール≫ Version 1.0

 
自立・自律に向けたチェックリスト≪自己評価・点検用ツール≫

「育成プラン2013」の内容を踏まえ、総合型クラブとして自立・自律するために必要な事項を抽出・集約し、各クラブが現状を検証するための自己評価・点検を行い、将来的な計画を立案する際の一助となるようなツールを作成しました。

総合型クラブは各々の地域の実情に合わせ、様々な特色を有していますので、必ずしもこのツールで提示した項目すべてに対応する必要はありませんが、各クラブの運営における指針としてお役立てください。

A4判 全38ページ 白黒 

 チェックリスト(自動集計機能付)

 印刷配布用(チェック内容は自動で集計されません)


なお、本ツールの中で示したクラブマネジメントに関する知識について、より深く体得し、クラブの管理・運営に生かしたい方は、日本体育協会公認「クラブマネジャー資格」の取得をお勧めします。ぜひご検討ください。

ページのトップへ




労力半分、効果は2倍!あなたにもできる「クラブのらくらく広報」

 
クラブのらくらく広報
総合型地域スポーツクラブを創ったけれど、なかなか会員が集まらない、チラシを配っても人が集まらない、地域でもあまり知られていないようだ・・・
しかし広報活動をするのは、忙しいし、人手が足りないし、技術もないし、難しそう・・・
そんなクラブの方のために効果的な広報を行うためガイドを作成しました。「労力は半分、効果は2倍上がる」広報の方法や事例を紹介しますので、どんどん活用してください。

A4判 全24ページ カラー 

ページのトップへ



「総合型地域スポーツクラブの根幹を振り返ろう」 クラブによる自主・自立(律)に向けた取り組み

 

総合型地域スポーツクラブの根幹を振り返ろう

「総合型地域スポーツクラブ2013」では、クラブの自主・自立に向けた取り組みを明記しています。
その中でも、重要なテーマとなっている【クラブ理念の策定・検証】、【目標の設定・計画の策定】、【クラブ運営に関わる人材の確保・育成】について、分かりやすくまとめました。
クラブ創設・運営の根幹となるテーマですので、クラブ役員・スタッフ・会員の皆さんでぜひご確認ください。

A4判 全10ページ カラー 


 印刷用


なお、本連載の中で示した「総合型地域スポーツクラブ育成プラン2013」については、コチラをご参照ください。

ページのトップへ



教えて!総合型クラブの法人化

 

教えて!総合型クラブの法人化

法人格の種類・特徴などの基礎的な知識や、手続きなどを分かりやすくまとめました。

クラブの法人化をお考えになる際に、ぜひご活用ください。

A4判 全11ページ カラー 


 印刷用


 

ページのトップへ


地域スポーツクラブへの障がい者スポーツの導入 ガイドブック(公益財団法人日本レクリエーション協会発行)

 


コチラをクリック
(日本レクリエーション協会のホームページへ移動します)

障がい者も楽しめるクラブへの第一歩

このガイドブックには、総合型地域スポーツクラブで、障がい者の方を受け入れる際のヒントや課題がたくさん掲載されています!

ガイドブックのもとになった「健常者と障害者のスポーツ・レクリエーション活動連携推進事業」は、公益財団法人日本レクリエーション協会が文部科学省より委託を受けた事業です。

全国に約3,500を数える総合型地域スポーツクラブのうち、地域性や障がい者スポーツへの取組実績の有無等を勘案して9クラブをモデルクラブに選定。
これらクラブは、近隣在住の障がい者を対象としたプログラムを実施したり、スタッフ向けの障がい者スポーツに関する研修会などを重ね、継続して障がい者スポーツに取り組むためのノウハウの蓄積を目指して活動しました。

(日本体育協会もこの事業に協力しました)

 

ページのトップへ







このページの先頭へ▲