休息について

 高温多湿な日本の夏は、本来スポーツ活動には適しません。しかし、7月から8月にかけて多くの学校では夏休みに入り、多くのジュニア選手が試合や強化練習に取り組んでいます。
 夏のスポーツ活動中の休息には、「上昇した体温を下げる」「水分の補給をする」という2つの目的があります。
 体温を下げるためには、日陰で休む、ウエアーを変える、冷えたタオルなどで体を拭くなどが有効です。また、水分の補給のためには、練習に入る前からドリンクを準備しておくと良いでしょう。
コンディション・チェックについて  

このページの先頭へ▲