持続可能な総合型地域スポーツクラブの推進に向けた取組の指針と評価指標

 総合型クラブの活動を持続可能なものにするために、自己点検・評価を習慣化しよう!

 
<調査報告書(PDF、15.75MB)> 
 

 

総合型クラブが継続的・安定的な活動を行うためには、現状を把握し、改善するための点検・評価を習慣化し、PDCAサイクルを回していくことが重要です
 

日本体育協会では、各種調査に基づくエビデンスを基に、 

・クラブの持続可能な活動に必要な要因・条件を明示した今後の「指針」を取りまとめました

・その「指針」への到達に向けた「評価指標」を設定し、各クラブご自身が自己点検・評価できるようとりまとめました  

 

【具体的な自己点検・評価の仕方】 

 ① 「指針と評価指標」(Excel)をダウンロード。

 ②1枚目のシートに記載されている留意事項をご一読ください。

 ③2枚目のシート「指針と評価指標」を開き、自身のクラブの現状が各項目の4段階のどこにあるかを確認し、シート右側の評価欄に点数を入力ください。

 ④すべての項目の評価欄に数値を入力すると、3枚目のシートにレーダーチャートが自動的に作成されます。

 ⑤結果を踏まえて、ご自身のクラブの取組に反映させましょう。

  

◆ 指針と評価指標に関する詳細は、調査報告書(PDF、15.75MB)をご覧ください。

このページの先頭へ▲