スポーツドクター

どんな資格があるの?

メディカル・コンディショニング資格

スポーツドクター アスレティックトレーナー スポーツ栄養士 スポーツデンティスト

役割

スポーツマンの健康管理、スポーツ障害、スポーツ外傷の診断、治療、予防研究等にあたる。
競技会等における医事運営ならびにチームドクターとしてのサポートにあたる。
スポーツ医学の研究、教育、普及活動を通して、スポーツ活動を医学的な立場からサポートする。

受講内容

受講条件 平成28年4月1日時点で日本国の医師免許取得後4年を経過(平成24年4月1日以前に取得)
しており、本会または本会加盟(準加盟)団体から推薦され、本会が認めた者。

カリキュラム
基礎科目: 25単位(25h)
応用科目: 27単位(27h) 養成講習会カリキュラム[PDF]
実施方法 当該年度9月~翌年2月 日本体育協会において計画、実施。
基礎科目Ⅰ・Ⅱ / 25単位(25h)
応用科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / 27単位(27h)
※各科目は土曜日、日曜日の2日間で開催
※応用科目は、基礎科目の受講修了翌年度以降に受講すること
※講習は単位制となっており、科目内の受講順序は自由
(例:応用科目Ⅱ→Ⅲ→Ⅰの順で受講も可能)
 講習の免除
基礎科目: (1)日本医師会認定健康スポーツ医有資格者
(2)日本整形外科学会認定スポーツ医学研修会の総論(25単位)または総論Aを修了した者
応用科目: 免除はありません。
申込方法
申込期限 
申込方法: 本会加盟団体(都道府県体育協会中央競技団体等)へ養成講習会の受講を希望している旨を連絡し、推薦を得る方法を確認してください。その後、申込書類に必要事項をご記入のうえ、本会加盟団体(推薦団体)へお申し込みください。
過年度受講者の申込方法については、7月上旬頃を目処に別途ご案内予定です。
申込期限: 本会加盟団体(推薦団体)が別に定める。
なお、本会加盟団体(推薦団体)から本会への提出期限は 平成285月9日(月)必着とする。
受講料
基礎科目からの受講:50,400円(教材費含む)
応用科目からの受講:28,800円(教材費含む)
受講有効期限
(受講開始年度含む) 
基礎科目からの受講:6年間
応用科目からの受講:3年間
検定・審査 検定は実施しない。
講習会修了者を日本体育協会にてスポーツ医学の臨床経験の有無等について審査する。
資格登録料 4 年間:40,000円(初期登録手数料として別途3,000円)
資格更新のための
義務研修
資格有効期限を迎える6ヶ月前までに、最低1回は日本体育協会が認める研修会に参加しなければなりません。
各年度の研修会については、研修未修了の方に年度初頭にご案内します(スポーツドクター義務研修についてはコチラ)。
申込・問合せ ・本会加盟団体(都道府県体育協会中央競技団体等)
・日本体育協会スポーツ指導者育成部 スポーツドクター担当
 TEL:03-3481-2226 MAIL:sports-doctor@japan-sports.or.jp

>>よくあるお問合せについてはこちら

2016(平成28)年度  
>>開催要項[PDF]
>>新規受講申込書[EXCEL]※印刷時は両面印刷してください。 
>>受講の流れ[PDF]  
>>診療科目・専門スポーツ名称・ID対応表[PDF]
   
>>新規受講者の推薦について(推薦団体用)[WORD]  
>>新規受講者推薦名簿(推薦団体用)[EXCEL]  
>>設置要項[PDF]
この事業は「スポーツ振興くじ(toto)」の助成を受けて実施しています。

このページの先頭へ▲