スポーツ指導者に関するお知らせ

スポーツ指導者2017/07/11

「公認アスレティックトレーナー資格更新のための一次救命処置資格保持義務に関する基準」を改定

 本会では、公認アスレティックトレーナー(JASA-AT)に対して、心肺蘇生法(CPR)および自動体外式除細動器(AED)に関する講習を継続的に受講し、緊急時に必要な救命処置の知識と技術を身につけることが必要であるとの観点から、JASA-AT資格更新要件の一つとして一次救命処置(Basic Life Support;BLS)資格の継続的な保持を義務付けております。

 対象となるBLS講習会の条件や主催団体・機関については「公認アスレティックトレーナー資格更新のための一次救命処置資格保持義務に関する基準」で定めていますが、この度、本基準を改定し、「対象講習会主催団体・機関」に日本サッカー協会が加わりました。

日本サッカー協会が開催するBLS講習会(スポーツ救命講習会)の詳細は、同協会のホームページでも今後掲載予定ですので、ご確認の上、ぜひご参加ください。


■日本サッカー協会が開催するBLS講習会(スポーツ救命講習会)に関するお問い合わせ先
 公益財団法人日本サッカー協会
 技術部  担当:平塚、中村
 tel. 03-3830-1810(技術部ダイヤルイン)
 email   jfa-igaku@jfa.or.jp


■公認アスレティックトレーナー資格更新のための一次救命処置資格保持義務に関する基準はコチラ

このページの先頭へ▲