指導者全国研究大会


スポーツ少年団指導者全国研究大会について

 本研究大会は、少年スポーツ指導者の資質向上と望ましい指導体制の確立を目的として開催しています。登録指導者を対象に、少年期のスポーツとその指導のあり方について講演会やパネルディスカッションを行い、少年スポーツ指導についての研究・意見交換を深めます。

本大会は「スポーツ振興くじ(toto)」の助成を受けて実施しています。    

スポーツ少年団指導者全国研究大会 開催概要

●平成29年度 第22回スポーツ少年団指導者全国研究大会概要

期日 平成29年6月18日(日)
会場 ホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋1-1-1)
参加者 スポーツ少年団登録者 400名
 大会日程
9:30~10:30 受付
10:30~11:00
 (30分)
開会式
1. 主催者あいさつ : 坂本 祐之輔(日本スポーツ少年団本部長)
2. 来賓あいさつ    : 井上 仁(スポーツ庁健康スポーツ課長)
3. 日程・資料説明
11:00~12:00
(60分)
特別講演 新しい時代にふさわしいスポーツの指導法」
演  者:伊藤 雅充(日本体育大学)
12:00~13:00
(60分)
昼食
13:00~15:30
(150分)
分科会
テーマ 座長 パネリスト パネリスト パネリスト
A 新しい時代にふさわしい「育成母集団」の姿を考える 伊藤 秀志
(指導者協議会運営委員長)
畑山幸代
(秋田県スポーツ少年団)
三和 郁子
(滋賀県スポーツ少年団)

吉田 繁敬
(愛知県スポーツ少年団)

B オリンピック・ムーブメントをリーダー育成に活かす 佐藤 充宏
(徳島大学)
大久保 香織
(玉串リーダー会スポーツ少年団)
富田 寿人
(静岡理工科大学)
舛本 直文
(首都大学東京) 
C スポーツ指導における暴力発生メカニズムについて考える 杉山 康司
(静岡大学)
上野 和香子
(NPO法人とうまスポーツクラブ)
南部  さおり
(日本体育大学)
矢野 宏光
(高知大学)
D 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会とスポーツ少年団 武隈 晃
(鹿児島大学)
荒川 元邦
(東京都教育庁)
飯塚 鉄雄
(首都大学東京・志學館大学(名誉教授))
米谷 正造
(川崎医療福祉大学)
5:30~15:45 休憩
15:45~16:30
(45分)
全体会
分科会報告:分科会座長

閉会式
[主催者あいさつ] 井上 征三(日本スポーツ少年団副本部長)


>>開催要項

このページの先頭へ▲