指導者の方へ

伝承遊び 動画で見てみよう 左ボタン

だるまさんが転んだ

右ボタン
だるまさんが転んだ 遊び方
オニを1人決め、基点となる場所(壁や木)に立ち、子は20mほど離れたスタートラインに一列に並ぶ。
オニの「始めの一歩♪」の合図で、子は大股で一歩進む。
オニは基点を向き、「だるまさんが転んだ」と言ってから子のほうを見る。子はオニが振り向くまでの間にオニに近づき、振り向くと同時に静止する。これを繰り返す。
静止できていなかった子は、オニに名前を呼ばれて、オニと手をつなぐ。
子が上手くオニに近づき、オニと捕まった子のつないだ手を「切った!」と言ってさわると、すべての子はスタートラインのほうへ走って逃げる。オニは「ストップ」と言って子を止める。
あらかじめ決められた歩数(5歩から10歩)をオニは移動し、子にタッチできたら交代する。
工夫してみよう

「だるまさんが転んだ」と言われて制止する時のポーズ(バンザイ、片足立ちなど)を決めてみよう。

あらかじめ決めた動物の動き(例:ライオンとツルとサル)を、「だるまさんがライオン」というようにオニが指示し、その動作を子が瞬時に真似る「王様だるまさんが転んだ」にしても楽しいでしょう。

親子一緒に楽しみましょう。

安全上の配慮

地面が平らなところ(体育館、校庭、芝の上など)で遊ぼう。

逃げる時に慌てて、友達の背中を押さないように気をつけよう。

「王様だるまさんが転んだ」で、ケガをしそうな危険な動作を指示しないようにしよう。

ページの先頭へ