本文へスキップします。

生涯スポーツ・体力つくり全国会議

  • 全体会1
  • 全体会2

2015年10月1日に設置されたスポーツ庁においては、これまでのスポーツ振興方策の更なる充実はもとより、スポーツを通じた健康増進、地域活性化、国際的地位の向上、スポーツ産業との連携等の新たなスポーツ施策を総合的・一体的に推進していくこととしています。

また、再来年には、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。そして、その前後には、ラグビーワールドカップ2019、ワールドマスターズゲームズ2021関西等の大規模国際競技大会の開催を控え、国内ではスポーツに対する機運が日に日に高まっています。

このように、スポーツを取り巻く環境が大きな変革期を迎えている今、スポーツ関係団体がこれまで以上に新たな取組を行うとともに、異なる分野の関係組織も含めた効果的かつ密接な連携・協働をすることにより、スポーツを通じて国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営むことができる社会を実現することが求められています。

そこで、本会議では、スポーツ立国の実現に向けて、スポーツに関連する多様な人々が一堂に会し、研究協議や意見交換を行い、今後のスポーツ推進方策について検討します。


生涯スポーツ・体力つくり全国会議2019開催概要
※終了しました。

全体テーマ:「スポーツ・イン・ライフ」

期日

 2019(平成31)年2月1日(金)


会場
<全体会・第1~4分科会・情報交換会・展示>
 JRホテルクレメント徳島 
 〒770-0831 徳島県徳島市寺島本町西1-61 
 TEL: 088-656-3111 ホテルHP: https://www.jrclement.co.jp/tokushima/ 

主催

スポーツ庁
生涯スポーツ・体力つくり全国会議実行委員会
(公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本レクリエーション協会、公益財団法人日本体育施設協会、公益財団法人スポーツ安全協会、公益社団法人全国スポーツ推進委員連合、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、徳島県)

内容 
開催要項


(1)全体会(トークセッション)
テーマ:「スポーツ・イン・ライフを目指して~今、私たちにできること~」
趣 旨:
 「スポーツ」は、「deportare」(デポルターレ)という言葉を語源としているともいわれており、この「deportare」という言葉は、「気晴らしをする」、「休養する」、「楽しむ」といったことを意味している。過大な負荷をかけずとも、うまくはなくとも、目的をもって、楽しみながら体を動かすことが「スポーツ」であるという考え方を広め、国民全体にその習慣づくりを広げていくことが求められている。
 そこで、本セッションでは、スポーツを通して生き生きとした人生を送ることができる地域社会をつくるために、今、私たちに何ができるのか本音で話し合う。

(2)分科会
第1分科会◆公益財団法人日本スポーツ協会
「「スポーツ・イン・ライフ」に向けた女性のスポーツ環境整備」

第2分科会◆公益財団法人日本レクリエーション協会
「スポレク活動で人生が変わる、社会が変わる
~高齢者の健康増進を進め、地域のきずなを生み出す~」

第3分科会◆公益社団法人全国スポーツ推進委員連合
「誰でも参画できる地域スポーツと豊かなスポーツライフを目指して
~スポーツによる共生社会を目指すスポーツ推進委員の役割~」

第4分科会◆公益財団法人健康・体力づくり事業財団
「動きたくなる街づくり=アクティブシティへのチャレンジ」
義務研修
について

 生涯スポーツ・体力つくり全国会議2019は、本会公認スポーツ指導者資格更新のための義務研修の1つとなっております。
 会議にご出席される方の義務研修実績申請方法については、会議当日にご案内いたします。

 ※ 資格の種類によっては、資格更新のために別途定められた条件を満たす必要がございます。
   下記URLより、資格の種類、更新方法をご確認ください。
  義務研修のご案内(本会HP内 公認スポーツ指導者資格ご案内ページ)

生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020開催予定

 ・日時:2020年2月7日(金)
 ・会場:「松江しんじ湖温泉 ホテル一畑」(島根県松江市)
 ・開催要項等は本年10月下旬頃から公開予定となります。



昨年度までの概要(生涯スポーツコンペンションを含む)はこちら>>


[昨年度(生涯スポーツ・体力つくり全国会議2018)の様子]