入りたい!・つくりたい!

入りたい! つくりたい! 加入・登録の流れ 登録・認定関係資料

入りたい!

入団のきっかけは子ども自身の意思が強く反映

 過去の意識調査によると、スポーツ少年団入団のきっかけは、
「自分から活動を見て入った」
「友達に誘われて入った」
との回答が、合わせて約70%を占め、入団は子ども自身の意思が強く働いているようです。(2000年埼玉県スポーツ少年団調べ)

お子様の友達が放課後や土・日曜日に、学校のグラウンドや体育館などで、スポーツ活動などをしている姿を見かけたことはありませんか?
もしかしたらそれがスポーツ少年団活動かもしれません。ぜひ一度関係者に声をかけて見てください。

また、お近くの市区町村スポーツ少年団(多くは教育委員会の中にあります)にて、各地域内で登録している単位団を見つけることもできます。

※単位団の多くは個人宅が代表連絡先となっているため、本ホームページ上では公開しておりません。何卒ご理解の程お願い申し上げます。

ホームページを公開している単位団はこちらでご覧になれます

ページのトップへ


つくりたい!

自らの手でスポーツ少年団をつくりたい!現在子どもたちを指導しているが、スポーツ少年団に加入したい!

と思っている方!
登録手続きは難しくありません。原則として小学生以上の子ども達10名以上と20歳以上の成人指導者が1人以上いれば登録できます。

加入(登録)のメリット

 スポーツ少年団は公益法人である日本体育協会が設立した公的な団体ですので、加入することにより、その活動は私的な活動から公的な活動へと移行し、地域に貢献する団体として認知されます。そのため、公的機関からの便宜も受けやすく、スポーツ活動中の(万が一の)事故等の際も、個人的レベルでなく、個人対その組織体の問題として扱われるようになります。

加入(登録)条件

・団員募集の方法 ・主な活動場所 ・指導者の役割
・安全管理 ・運営経費 ・保護者や学校との関係等
以上の点について整理ができましたら市区町村スポーツ少年団事務局にご相談ください!

ページのトップへ


加入・登録の流れ


加入・登録について

 スポーツ少年団に入るための登録は、それぞれの単位スポーツ少年団ごとに、毎年その代表者が所定の用紙に必要事項を記載して申込みます。提出先は、原則として市区町村スポーツ少年団ですが、その事務局の多くは、市区町村の体育協会・教育委員会の中に置かれていて、市区町村スポーツ少年団に登録することによって、当該都道府県スポーツ少年団を経て、日本スポーツ少年団に登録されることになります。

登録料について

 また、スポーツ少年団は、メンバーシップ制を採用していて、登録の際、団員・指導者とも登録料が必要となります。登録料は、一般的にそれぞれのスポーツ少年団の活動に係る経費(活動経費・スポーツ傷害保険等)と併せて、それぞれのスポーツ少年団の代表者あるいは、会計を担当する方に納めます。

登録申請・登録料納入の流れ

ページのトップへ


登録・認定関係資料

 登録によって日本スポーツ少年団に加入すると、次のものが交付されます。これらは、それぞれ団や指導者、団員の証となるもので、スポーツ少年団における団活動や仲間たちのシンボルなのです。

団認定証
新規加入登録団に対して、都道府県スポーツ少年団から(市区町村スポーツ少年団を経由して)交付されます。

認定リボン
毎年登録申請完了のとき、市区町村スポーツ少年団から単位団に交付されます(団旗につけます)。

スポーツ少年団旗
新規登録団は登録時団旗代1,050円を添えて、市区町村スポーツ少年団に申請すると都道府県スポーツ少年団から(市区町村を経由して)単位団に交付されます。

指導者章と指導者登録証
毎年登録申請完了のとき、市区町村スポーツ少年団から、単位団に登録指導者1人につき1枚がそれぞれ交付されます。

団員章
毎年登録申請完了のとき、市区町村スポーツ少年団から単位団に登録団員1人につき1枚が交付されます。

市区町村役職員登録証
市区町村スポーツ少年団の登録役職員に対し1人1枚が交付されます。

都道府県役職員登録証
都道府県スポーツ少年団の登録役職員に対し1人1枚が交付されます。



左上 :団認定証
右上 :認定リボン
:スポーツ少年団旗

このページの先頭へ▲