医・科学研究報告書(2010-)

一覧に戻る
平成22年度版(2010年度)
VOL.1
書籍コード タイトル PDF 在庫
H2201 高齢者の元気長寿支援プログラム開発に関する研究-第2年次-
高齢者の要介護化リスクを早期に判定できる評価尺度およびリスクを抱えた高齢者を支援するためのプログラムを作成することを目的とし、新たに実施した介入研究の成果を踏まえて、「転倒予防」「筋力および歩行能力(持久力)低下改善」「認知症(認知機能低下)予防」などに焦点をあてた評価尺度を作成するとともに、その予防や改善に向けた新しい運動プログラムを開発した。
H2202 日本におけるスポーツ外傷サーベイランスシステムの構築-第1年次-
日本におけるスポーツ外傷調査を規格化し、世界基準と比較検討できるシステムを構築することを目的とした調査研究を行った。 全国的なスポーツ外傷統計について、日本スポーツ振興センター、スポーツ安全協会と協力し、学校管理下・管理外における部位/疾患/種目別の解析を試みた。また、国内主要競技会におけるスポーツ外傷発生調査についてIOC基準に準拠した解析を実施するとともに、既存の障害予防プログラムの有効性検証や予防法確立に向けた実態調査を行った。
H2203 日本体育協会創成期における体育・スポーツと今日的課題-嘉納治五郎の成果と今日的課題--第1年次-
嘉納治五郎に関する文献を紐解きながら、現代のスポーツ振興に潜在する課題を明らかにすることを目的とし、「国民体育(スポーツ)」「ネットワークと組織化」「柔道の国際化」「女子体育および女子柔道」といった視点で、嘉納の「体育・スポーツ観」を再検討した。
一覧に戻る
平成23年度版(2011年度)
VOL.1
書籍コード タイトル PDF 在庫
H2301 高齢者の元気長寿支援プログラム開発に関する研究-第3年次-
高齢者の要介護化リスクを早期に判定できる評価尺度及びリスクを抱えた高齢者を支援するためのプログラムを作成することを目的に、現在開発中のプログラムについて長期的な観点から実践効果を検証するとともに、このような評価法及びプログラムの普及方法について検討した。
H2302 日本におけるスポーツ外傷サーベイランスシステムの構築-第2年次-
日本におけるスポーツ外傷調査を規格化し、国際的な基準に合わせて比較検討できるシステムを構築することを目的とした調査研究を行った。前年に続き、学校管理下・管理外における全国的なスポーツ外傷統計調査および国内主要競技会におけるスポーツ外傷発生調査を行った。また、スポーツ外傷・障害予防プログラムの開発・検証を目的として介入調査を行い、外傷発生頻度やパフォーマンスに及ぼす影響を検討した。
H2303 日本体育協会創成期における体育・スポーツと今日的課題-嘉納治五郎の成果と今日的課題--第2年次-
今日のスポーツ振興に潜在する課題を明らかにすることを目的として、嘉納治五郎に関する文献を紐解き、「国民体育とスポーツ」、「五輪招致と都市構造」、「帝都復興とスポーツ」、「柔道(武術性)とスポーツ」、「女子体育及び女子柔道」などの視点から嘉納の「教育観」及び「体育・スポーツ観」を再検討した。
一覧に戻る
平成24年度版(2012年度)
VOL.1
書籍コード タイトル PDF 在庫
H2401 日本におけるスポーツ外傷サーベイランスシステムの構築-第3年次-
我が国における全国的なスポーツ外傷統計として、日本スポーツ振興センターおよびスポーツ安全協会における事故統計データを集計・分析した。また、日本の主要競技会におけるスポーツ外傷調査を規格化し、国際的な基準に合わせて比較検討できるシステムを構築することを目的とする調査研究を実施した。

H2402 日本体育協会創成期における体育・スポーツと今日的課題-嘉納治五郎の成果と今日的課題--第3年次-

スポーツに潜在する今日的な課題を明らかにすることを目的として、嘉納治五郎に関する文献を紐解きながら「東京五輪招致と都市構築」「人的ネットワーク」「スポーツ外交」「自他共栄主義の可能性」「女子柔道の歴史と強化」などの視点から嘉納の「教育観」及び「体育・スポーツ観」を再検討した。

H2403 一流競技者の-第12回東京オリンピック記念体力測定-
青年期の競技スポーツ経験が生涯にわたる健康や体力にどのような影響を与えるかを縦断的に検証することを目的として、1964年東京オリンピック代表選手を対象とするアンケート調査、メディカルチェックおよび体力測定を実施した。
一覧に戻る
平成25・26年度版(2013・2014年度)
VOL.1
書籍コード タイトル PDF 在庫
H2501 ジュニア期におけるスポーツ外傷・障害の予防への取り組み-第1報-
本研究は、ジュニア期に頻発、あるいは、重篤な事故に結びつきやすいスポーツ外傷・障害を予防するためのプログラムを開発し、事故発症リスクの高いと考えられる集団への介入研究を実施するものである。これにより医・科学面でのエビデンスを蓄 積するとともに、予防プログラムが確定した後には関係機関を通じて普及・啓発を図ることとする。本年度は、予防プログラム案を作成し、介入研究に着手した。
H2502 社会心理的側面の強化を意図した運動・スポーツ遊びプログラムの開発および普及・啓発-第1報-

本研究では、子どもを対象に、社会心理的側面(メンタルヘルス、社会性、集中力など)の強化を意図した運動・スポーツ遊びプログラムを開発し、その評価を行うことを目的としている。 本年度は、子どもを対象とするメンタルヘルス・プロモーション実践に関する文献研究、社会心理的側面の強化が期待できる運動・スポーツ遊びの抽出および実践的な検証のための枠組みづくりなどを行った。
H2601 ジュニア期におけるスポーツ外傷・障害の予防への取り組み-第2報-

本研究は、ジュニア期に頻発、あるいは、重篤な事故に結びつきやすいスポーツ外傷・障害を予防するためのプログラムを開発し、事故発症リスクの高いと考えられる集団への介入研究を実施するものである。これにより医・科学面でのエビデンスを蓄 積するとともに、予防プログラムが確定した後には本会の関係機関を通じて普及・啓発を図ることとする。本年度は、予防プログラム案を作成し、その効果検証に着手した。
H2602 社会心理的側面の強化を意図した運動・スポーツ遊びプログラムの開発および普及・啓発-第2報-

本研究では、子どもを対象に、社会心理的側面(メンタルヘルス、社会性、集中力など)の強化を意図した運動・スポーツ遊びプログラムを開発し、その評価を行うことを目的としている。 本年度は、社会心理的要因を強化する運動・スポーツ遊びの「効果を評価する」「内容を考案する」「傷害を予防する」という3つのパートに分け、各パートにおいてこれまでの研究成果について検証するとともに、活動内容の効果測定に向けた実践的な検討を行った。
H2603 新たなスポーツ価値意識の多面的な評価指標の開発-第1報-

本研究では、「スポーツの価値とは何か」という問いを立てながら、人々のスポーツ価値意識を測る評価尺度を開発し、日本人のスポーツ価値意識に影響を与える要因についての検討および国際比較研究を行うことを目的としている。本年度は、これまでのスポーツの価値に関する研究成果について検証するとともに、スポーツ基本法、スポーツ基本計画、スポーツ宣言日本や海外文献等の分析を通してスポーツの価値の構成概念を導出しながら、実証的な研究を可能にする妥当性・信頼性のある評価尺度の開発方法について検討した。
一覧に戻る
平成27年度版(2015年度)
VOL.1
書籍コード タイトル PDF 在庫
H2701 ジュニア期におけるスポーツ外傷・障害の予防への取り組み-第3報-

本研究は、ジュニア期に頻発、あるいは、重篤な事故に結びつきやすいスポーツ外傷・障害を予防するためのプログラムを開発し、事故発症リスクの高いと考えられる集団への介入研究を実施するものである。これにより対象競技に応じた外傷・障害予防プログラムの効果検証(外傷・障害発生調査、フィジカル測定,動作解析)を行うとともに、本会の関係機関を通じて同プログラムの普及・啓発を図った。
H2702 社会心理的側面の強化を意図した運動・スポーツ遊びプログラムの開発および普及・啓発-第3報-

本研究では、子どもを対象に、社会心理的側面(メンタルヘルス、社会性、集中力など)の強化を意図した運動・スポーツ遊びプログラムを開発し、その評価を行うことを目的としている。 本年度は、「効果を評価する」「内容を考案する」「傷害を予防する」という3つのパートのこれまでの研究成果から、社会心理的要因を強化する運動・スポーツ遊びの実践的な検討を行い、さらに、その実践の普及・啓発について検討した。
H2703 新たなスポーツ価値意識の多面的な評価指標の開発-第2報-

本研究では、「スポーツの価値とは何か」という問いを立てながら、人々のスポーツ価値意識を測る評価尺度を開発し、日本人のスポーツ価値意識に影響を与える要因についての検討および国際比較研究を行うことを目的としている。本年度は、これまでの研究成果を踏まえ、スポーツの社会的価値、学校教育分野におけるスポーツの価値を検証するとともに、スポーツとの多様な関わり(する、みる、ささえる)と多面的な価値を包括した、妥当性・信頼性のあるスポーツ価値意評価尺度を開発するため、予備調査を実施した。
一覧に戻る

このページの先頭へ▲