Sports Japan

「Sports Japan」は年間6回のほか2回の特別号を発行し、スポーツ指導者、スポーツ少年団、総合型地域スポーツクラブをはじめとするスポーツ関係者の皆様はもとより、様々なスポーツ愛好者にとりましても有益でタイムリーな身近な情報の発信に努めてまいります。
※「Sports Japan」は「スポーツ振興くじ(toto)」の助成を受けて作成しています。
toto

バックナンバー 定期購読・単発購入・バックナンバーお申込みについて

Sports Japan

Sports Japan 2017年9・10月号(vol.33)

Sports Japan 2017年9・10月号(vol.33)

掲載内容は、表紙画像下の目次をご覧ください  

主な内容
「日本体育協会」から「日本スポーツ協会」に名称を変更します
[巻頭コラム]国民体育大会ならではのモチベーションがある
宮下純一(スポーツキャスター)
〈特集〉
~プレーヤーのやる気に注目!~
「モチベーション」を上げたい!!

PART❶
焦点は、内発的動機づけ!
人間、いかなるときに「やる気」は芽生えるのか
粟木一博(仙台大学体育学部スポーツ情報マスメディア学科教授)

 PART❷
~次こそは、絶対に取ってやる!~
一歩一歩、着実に階段を上がった上村愛子
上村愛子(元スキー・モーグル選手)

 PART❸
金藤理絵をリオ金メダルへ
加藤健志……なぜ、この人に教わるとモチベーションは上がるのか?
加藤健志(東海大学水泳部監督兼ヘッドコーチ)

 PART❹ 
やる気をそぐ問題はこうして解決!
子ども時代にいかにスポーツを嫌いにならないかが
後のスポーツ活動の継続性に影響する
川西正志(鹿屋体育大学スポーツ人文・応用社会科学系教授)

 PART❺ 
やる気はあるも芽が出ない?
一考、新たな可能性もふくらむ「競技転向」という視点
福岡県タレント発掘実行委員会

〈連載〉
夢、輝け! クラブ探訪⑮
子どもたちと指導者、保護者が一緒につくる笑顔
大分市城南少女フットベースボールスポーツ少年団(大分県大分市)
八王子の未来をつくるクラブへ
NPO法人はちきたSC(東京都八王子市)

 Let’s try ACP 実践ルポ 楽しいがいっぱい!③
整形外科医と理学療法士がタッグで取り組む子どもの体づくり
佐藤善人(東京学芸大学教育学部准教授)

障がいは個性の一つ ~踏み出せば、壁はなくなる~③
できるだけ健常者と同じ土台、同じ目線で取り組む
塩家吹雪(NPO法人シオヤレクリエーションクラブ理事長)

愛されるクラブの条件③
ドイツのSC運営を支える「地域」の力と人を集める「指導者」の力
坂本健二(元ドイツクラブコーチ)

「わたしのフェアプレー」インタビュー[27]
土田和歌子(車いすマラソン)

~現場の事例から学ぶ解決法~
スポーツ少年団の“困った!”は、みどりにお任せ!③
「勝つ?  楽しむ?」指導者と保護者の意見の食い違い
伊藤秀志(日本スポーツ少年団常任委員/指導者協議会運営委員会委員長/静岡県スポーツ少年団副本部長)
高橋カオリ(イラストレーター/まんが家)

スポーツで人生を彩る⑮
ビーチテニス(東京都港区)

国体通信⑮ 国体応援特設サイトを紹介
「#国体fan」を見れば大会がより楽しい

新しい時代のグッドコーチをめざして③
公認スポーツ指導者制度改定のロードマップ
日本体育協会スポーツ指導者育成部

ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト③
~世界で輝け未来のトップアスリート~

スポーツ・フォー・トゥモロー

ほか

Sports Japan 2017年9・10月号(vol.33)

Sports Japan 2017年9・10月号(vol.33)

このページの先頭へ▲