国際交流に関するお知らせ

国際交流2018/02/06

第16回日韓青少年冬季スポーツ交流 韓国選手団が来日

 日韓スポーツ交流は、2002年ワールドカップ・サッカー大会の日韓両国による共同開催決定を機に、幅広い年齢層を対象に各種のスポーツ交流を実施することによって、日韓両国の親善と友好をより一層深め、さらには両国のスポーツの振興を図ることを目的としています。

 この冬季スポーツ交流は、ワールドカップ・サッカー大会の日韓共同開催の成功を受け、平成14年度から実施しております。本年度は、雪上競技・氷上競技ともに長野県で開催し、日本選手団と韓国選手団の交流試合や記録会を実施します。

 過去の本交流参加者には、ソチオリンピック出場選手や冬季インターハイ出場選手もおり、今回参加する選手も将来の活躍が大いに期待されます。

 来る2月9日から第23回オリンピック冬季競技大会を開催する韓国のジュニア世代との交流を通して、日本のジュニア世代の競技力向上はもとより、日韓両国の相互理解を深める貴重な機会となることと思います。

1. 開催地

長野県(雪上・氷上競技)
 
2. 実施期間 
 
平成30年2月12日(月・祝)~17日(土)6日間

3. 参加人数



韓国選手団151名(韓国国内の中学生123名、指導者21名、本部役員7名) 
日本選手団144名(長野県を中心とする中学生116名、指導者21名、本部役員7名)
※平成30年2月5日現在

4. 実施競技









4競技
 ■スキー
・アルペン:戸狩温泉スキー場〔飯山市〕
・クロスカントリー:長峰スポーツ公園〔飯山市〕
■スケート
・スピードスケート:長野市オリンピック記念アリーナ(長野市)
・ショートトラック:軽井沢風越公園アイスアリーナ(軽井沢町)
■アイスホッケー:長野市若里多目的スポーツアリーナ(長野市)
■カーリング:軽井沢アイスパーク(軽井沢町) 

5. 交流方式

日韓両国の選手団が互いの国を訪問する相互交流方式

6. 備考






・日本選手団の韓国への派遣は去る1月8 日(月・祝)~13 日(土)の期間で、
 ソウル特別市および江原道で実施いたしました。
・本交流はスポーツ・フォー・トゥモロー認定事業です。


関連リンク≫日韓スポーツ交流のページへ

<昨年度の受入の様子>
 
 
 
 



このページの先頭へ▲