国際交流に関するお知らせ

国際交流2017/08/04

第26回TAFISAワールドコングレス2019東京 組織委員会設立総会及び第1回総会を開催

 TAFISAとは1991年に設立された生涯スポーツの推進を目的とする国際団体であり、現在では130を超える国と地域から200以上の組織が加盟しています。
 日本においては、1992年日本の生涯スポーツの推進を目的にTAFISA-JAPAN(日本体育協会・笹川スポーツ財団・日本レクリエーション協会・健康・体力つくり財団)を設立し、日本のスポーツ・フォー・オールの推進やTAFISA主催のイベントへの協力や国際会議への参加など諸活動を実施しています。
 この度、TAFISA-JAPANでは隔年で開催されているTAFISAワールドコングレスの開催を2019年に東京へ誘致し、準備を進めてまいりました。去る8月2日には岸記念体育館において、組織委員会設立総会および第1回総会を開催いたしました。
 本コングレスでは「生涯スポーツ社会に向けてのレガシーの実現~エンジョイ・スポーツ エンジョイ・ライフ」をメインテーマに、多様な情報を国内外に発信し、生涯にわたり日常生活の中でスポーツが楽しめる「生涯スポーツ社会」の実現に向けた挑戦をします。

開催期間 2019年11月13日(水)~17日(日) 5日間
開催地 都市センターホテル(予定)
参加募集 2019年4月頃から募集を開始します。
備考




今年度は韓国・ソウルにて、下記のとおりワールドコングレスが開催されます。
名称:第25回TAFISAワールドコングレス2017ソウル
期間:2017年11月15日(水)~19日(日)
開催地:韓国・ソウル ロッテホテルワールド
公式ホームページへのリンクはこちら

<写真>
 会議の様子  


 
組織委員会役員等の集合写真
 


 前列左から
 今泉柔剛 スポーツ庁国際課長
 下光輝一 健康・体力づくり事業財団理事長
 伊藤雅俊 本会会長
 渡邉一利 笹川スポーツ財団理事長
 山口泰雄 神戸大学大学院教授

後列左から
 高崎淳也 スポーツ庁国際課課長補佐
 増田和茂 健康・体力づくり事業財団常務理事
 泉正文 本会副会長兼専務理事
 河原塚達樹 日本レクリエーション協会常務理事
 松尾哲矢 立教大学教授
 工藤康宏 順天堂大学先任准教授
 中島光 笹川スポーツ財団常務理事


<関連リンク>
≫TAFISA 公式ホームページ(英語)

このページの先頭へ▲