国際交流に関するお知らせ

国際交流2017/02/16

第15回日韓青少年冬季スポーツ交流 日本選手団を韓国へ派遣

日韓青少年スポーツ交流は、2002年ワールドカップ・サッカー大会の日韓両国による共同開催決定を機に、幅広い年齢層を対象に各種のスポーツ交流を実施することによって、日韓両国の親善と友好をより一層深め、更には両国のスポーツの振興を図ることを目的として、1997年に始まりました。

本年度で15回目を迎える標記交流は、来る2月21日(火)から27日(月)の7日間の日程で、韓国・ソウル特別市及び江原道で開催されます。

日本選手団は岩手県体育協会・秋田県体育協会・日本スケート連盟からの推薦により編成され、2018年に第23回オリンピック冬季競技大会の開催を控える韓国のジュニア世代との交流や現地での生活を通じ、競技力の向上はもとより、日韓両国の相互理解を深める貴重な機会となることと思います。

1. 派遣先
韓国・ソウル特別市/江原道
2. 派遣期間  
平成29年2月21日(火)~27日(月)7日間
3. 派遣人数
148名(中学生118名、指導者22名、本部役員8名) ※2月14日現在
4. 実施競技



4競技6種目
氷上競技(岩手県団):スケート(スピードスケート、ショートトラック)、
           アイスホッケー、カーリング
雪上競技(秋田県団):スキー(アルペン、クロスカントリー)
5. 交流内容
日本選手団員が韓国を訪問し、韓国の中学生と記録会や試合を中心に交流します。
6.備考
①韓国選手団の受入は、去る1月8日(日)~14日(土)の期間に
 岩手県及び秋田県で実施しました。 ※詳細についてはこちらから
②この交流はスポーツ・フォー・トゥモロー認定事業です。


関連リンク≫日韓スポーツ交流のページへ









このページの先頭へ▲