ニュース2011/07/21

日本体育協会・日本オリンピック委員会創立100周年記念シンポジウム・祝賀式典を開催しました!!

  7月15・16日にグランドプリンスホテル新高輪において、日本体育協会・日本オリンピック委員会創立100周年記念シンポジウム・祝賀式典を開催しました。
  シンポジウムでは、1,332名の方々にご参加いただき、ジャック・ロゲ国際オリンピック委員会会長の特別講演、橋本聖子日本スケート連盟会長の基調講演、「21世紀のスポーツとグローバル課題への挑戦」をテーマとした、パネルディスカッションを行いました。
  さらに、シンポジウムの最後には、森喜朗創立100周年記念事業実行委員会会長によってスポーツ宣言(「スポーツ宣言日本」-21世紀におけるスポーツの使命-)が採択されました。
  祝賀式典、レセプションには1,241名の方々にご参加いただきました。祝賀式典では、天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、お言葉を賜りました。さらに、柔道の古式の形の披露、各種表彰を行った後、記念シンポジウムで採択されスポーツ宣言を、森喜朗実行委員会会長から竹田恆和日本オリンピック委員会会長と本会の張会長へ手交されました。
  レセプションにおいては、地元東京の他、この度の東日本大震災で被災された6県の地酒を用いた鏡割りを行い、石原慎太郎東京都知事からの乾杯のご発声により、会場は大いに盛り上がりました。
  祝賀式典、レセプションには、IOC・OCAなど海外からのお客様をはじめ、平素より本会諸事業に対してご理解、ご協力いただいている協賛企業・団体の方々など、多くの方々にご出席していただき、成功裏に終えることができました。


シンポジウムの様子
ジャック・ロゲIOC会長による特別講演

関連PDF 「スポーツ宣言日本」-21世紀におけるスポーツの使命- [ PDF : 172KB ]

このページの先頭へ▲