アスレティックトレーナー


詳しい情報はこちらをご覧ください。
Q1. アスレティックトレーナーの資格はどうしたら取得できますか?
Q2. 講習の内容について教えてください。
Q3. 「理学療法士」資格を保有しているのですが、講習の免除はありますか?
Q1 アスレティックトレーナーの資格はどうしたら取得できますか?
A1 資格を取得するには
(1) アスレティックトレーナー養成講習会を受講する。
日本体育協会で直接行っている公認アスレティックトレーナー養成講習会のお申し込みは 日本体育協会加盟団体(都道府県体育協会中央競技団体) 及び日本体育協会が特に認めた国内統括競技団体(日本野球機構、日本プロサッカーリーグ等)の推薦が必要です。但し、推薦を希望する団体内でトレーナーとしての活動実績がないと推薦を得るのは難しいかもしれません。また、日本体育協会で受講を受け入れられる人数に限りがあることから、推薦された方の中からすでに相当の活動実績のある方から受講していただいている状況です。
(2) アスレティックトレーナー免除適応コース承認校に入学する。
現在、高校生以下の方やトレーナー活動をされていない方など、これからトレーナーを目指される方は、大学や専門学校への進学をご検討ください。認定を受けた学校で、指定のカリキュラムを修了し、最後に日本体育協会で実施する、筆記試験と実技試験に合格すれば資格を取得できます。認定を受けた学校については、こちらをご覧ください。
Q2 講習の内容について教えてください。
A2 講習は「共通科目」と「専門科目」で構成されており、「共通科目」は、集合講習(1回)と自宅学習、「専門科目」は集合講習(5回)と自宅学習です。なお、「専門科目」集合講習会は、1期~5期の順で受講していただきます。なお、4期講習会受講までに、日本赤十字社の「救急法救急員養成講習会」を各自で受講していただきます。
Q3 「理学療法士」資格を保有しているのですが、講習の免除はありますか?
A3 「理学療法士」を保有されていても、免除はありません。その他「はり師」、「きゅう師」、「あん摩マッサージ指圧師」や海外のトレーナー資格なども、免除はありません。
「スポーツドクター」を除く公認スポーツ指導者資格とその他関連資格を取得している場合は、共通科目の講習・試験の一部または全部が免除されます。詳しくはこちらをご覧ください。
Q&Aのトップへ戻る

このページの先頭へ▲