指導員、上級指導員

指導員
詳しい情報はこちらをご覧ください。
Q1. 受講申し込みはどのようにしたら良いですか?
Q2. 共通科目の講習会は通信講習だけですか?
Q3. 受講したい競技の専門科目講習会を自分が住んでいる県では開催しません。隣の県では開催するようですが、隣の県でも受講できますか?
Q4. すでに競技団体で認定している資格(例:日本水泳連盟・基礎水泳指導員)を取得しているのですが、専門科目の講習・試験は免除になるのですか?
Q5. すでに公認スポーツ指導者資格(例:ジュニアスポーツ指導員)を取得しているのですが、共通科目の講習・試験は免除になるのですか?
Q6. 先日「日本水泳連盟・基礎水泳指導員」資格を取得しました。すでに「スポーツプログラマー」資格も取得しています。共通科目と専門科目が免除されると思いますが、「水泳指導員」資格を登録するには、どのような手続きが必要ですか?
Q7. 成績の結果はいつ来るのでしょうか?
上級指導員
詳しい情報はこちらをご覧ください。
Q8. 受講の申し込みはどのようにしたら良いですか?
Q9. 共通科目の講習会はNHK学園の通信講座ではないのですか?
Q10. 受講したい競技の専門科目講習会を自分が住んでいる県では開催しません。隣の県では開催するようですが、隣の県でも受講できますか?
Q11. すでに受講を希望する競技の「指導員」資格を取得しているのですが、共通科目の講習・試験の免除はありますか?
Q12. 成績の結果はいつ来るのでしょうか?
指導員
Q1 受講申し込みはどのようにしたら良いですか?
A1 受講を希望する競技の専門科目講習会を開催する都道府県体育協会もしくは、中央競技団体へお申し込みください。お申し込み期間は毎年6月の1ヶ月間になります。その後、共通科目と専門科目を受講していただき、どちらも修了すれば資格を登録することができます。なお、毎年、競技によって開催する都道府県が異なります。
Q2 共通科目の講習会は通信講習だけですか?
A2 はい。「指導員」養成講習会の共通科目は、NHK学園の通信講座のみです。
Q3 受講したい競技の専門科目講習会が自分の住んでいる県では開催しません。隣の県では開催するようですが、隣の県でも受講できますか?
A3 はい。ただし、専門科目の講習は集合講習になりますので、開催期日や会場を事前に確認し、受講可能であることを確認してください。お申し込みは隣県の競技団体を通じて隣県の体育協会へお申し込みください。開催県の事情によっては、受講できないこともありますので、ご注意ください。
Q4 すでに競技団体で認定している資格(例:日本水泳連盟・基礎水泳指導員)を取得しているのですが、専門科目の講習・試験は免除になるのですか?
A4 日本水泳連盟「基礎水泳指導員」のように、競技団体が独自に認定し、別に定めている資格をお持ちでしたら、「指導員」養成講習会の専門科目の講習・試験が免除されます。資格を証明する書類(コピー)を添付の上、お住まいの都道府県体育協会へお申し込みください。お申し込み期間は毎年6月の1ヶ月間になります。共通科目を受講し、修了すれば資格を登録することができます。
なお、競技団体が独自に認定し、別に定めている資格についてはこちらをご覧ください。
Q5 すでに公認スポーツ指導者資格(例:ジュニアスポーツ指導員)を取得しているのですが、共通科目の講習・試験は免除になるのですか?
A5 すでに公認スポーツ指導者資格(スポーツドクターは除く)をお持ちでしたら、「指導員」養成講習会の共通科目の講習・試験がすべて免除されます。その資格の登録証のコピーを添付の上、受講を希望する競技の専門科目講習会を開催する都道府県体育協会へお申し込みください。お申し込み期間は毎年6月の1ヶ月間になります。専門科目を受講し、修了すれば資格を登録することができます。
その他関連資格を取得している場合でも、共通科目の講習・試験が免除されます。詳しくはこちらをご覧ください。
Q6 先日「日本水泳連盟・基礎水泳指導員」資格を取得しました。すでに「スポーツプログラマー」資格も取得しています。共通科目と専門科目が免除されると思いますが、「水泳指導員」資格を登録するには、どのような手続きが必要ですか?
A6 このケースですと、共通科目と専門科目の両方が免除されます。免除の申請が必要になりますので、お住まいの都道府県体育協会へご連絡ください。
Q7 成績の結果はいつ来るのでしょうか?
A7 「共通科目」と「専門科目」を併せた総合判定を各年度末に行ない、5月から6月にかけて受講者へ通知いたします。合格されている方に対しては、「合格証」と登録申請関係書類を送付いたしますので、登録申請の手続きを期日までに済ませてください。登録申請を済まされますと、その年の10月1日付で資格が認定され、認定証と登録証を送付いたします。
不合格の方に対しては、「個人成績票」を送付いたします。

上級指導員
Q8 受講の申し込みはどのようにしたら良いですか?
A8 受講を希望する競技の都道府県協会(連盟)を通じて、都道府県体育協会もしくは中央競技団体へお申し込みください。なお、毎年、競技によって開催する都道府県が異なります。
Q9 共通科目の講習会はNHK学園の通信講座ではないのですか?
A9 はい。「上級指導員」養成講習会の共通科目カリキュラムは、集合講習14時間、自宅学習56時間です。自宅学習はテキストとワークブックを使って、ご自身で学習していただくものです。
Q10 受講したい競技の専門科目講習会を自分が住んでいる県では開催しません。隣の県では開催するようですが、隣の県でも受講できますか?
A10 はい。ただし、共通科目の集合講習会と専門科目講習会は集合講習会になりますので、開催期日や会場を事前に確認し、受講可能であることを確認してください。お申し込みは隣県の競技団体を通じて隣県の体育協会へお申し込みください。開催県の事情によっては、受講できないこともございますので、ご注意ください。
Q11 すでに受講を希望する競技の「指導員」資格を取得しているのですが、共通科目の講習・試験の免除はありますか?
A11 「指導員」資格をお持ちでしたら、共通科目のカリキュラムのうち「共通科目I」部分の講習・試験が免除されます。資格の登録証のコピーを添付の上、受講を希望する競技の専門科目講習会を開催する都道府県体育協会へお申し込みください。共通科目は残りの「共通科目II」部分の講習を受講し、試験を受験してください。
「スポーツドクター」を除く公認スポーツ指導者資格とその他関連資格を取得している場合は、共通科目の講習・試験の一部または全部が免除されます。詳しくはこちらをご覧ください。
Q12 成績の結果はいつ来るのでしょうか?
A12 「共通科目」と「専門科目」を併せた総合判定を各年度末に行ない、5月から6月にかけて通知いたします。合格されている方に対しては、「合格証」と登録申請関係書類を送付いたしますので、登録申請の手続きを期日までに済ませてください。登録申請を済まされますと、その年の10月1日付で資格が認定され、認定証と登録カードを送付いたします。すでに同じ競技の「指導員」資格を取得している場合は、「合格証」のみ送付させていただき、その年の10月1日付で資格を「指導員」から「上級指導員」に変更させていただきます。
不合格の方に対しては、「個人成績票」を送付します。
Q&Aのトップへ戻る

このページの先頭へ▲